あせも(汗疹)の原因と対策

あせも(汗疹)は一般的に大人よりも乳幼児にできやすいと言われています。
子どもの汗腺の数は大人とほぼ同じで、表面積が小さい子どもは汗腺が密集しています。そのためたくさんの汗をかき、汗疹ができやすい状態を作り上げているのです。しかも、大人のように自分で汗を拭いたり、着替えたり、シャワーをあびたりしにくいため、汗管が詰まってあせも汗疹ができてしまいやすくなります。

●あせも(汗疹)とは
汗をたくさんかいて、しかも洋服等で肌がむれてしまった場合にできるイメージですね。赤くて小さいぶつぶつができてかゆいものですが、実はいくつか種類があるみたいですね。

私たちがよく目にする赤い汗疹は紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれるものです。一方、赤くならず、白っぽい水ぶくれができる水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)は症状が軽く、できても気づかない場合も多い汗疹です。皮膚の深い部分で起こる深在性(しんざいせい)汗疹というものがありますが、これは亜熱帯地方に多く、日本ではあまり見られないみたいです。

●汗疹ができる原因
汗疹ができる原因は、汗が皮膚の中にたまってしまうこと。大量に汗をかく夏にできやすくなるのはこのためです。たまった汗は、皮膚の下にある汗管(かんかん)という管状の腺からその周りの組織に漏れ出します。すると水ぶくれができたり、炎症をおこしてかゆくなったり、赤くてかゆいブツブツができたりします。

夏以外でも高温多湿な場所で運動したとき、風邪で熱が出ていたときなどに汗をかけば、汗疹ができる可能性は十分にあります。ベルトや帽子で皮膚がふさがれてしまった場合も同様です。他にもギプス、絆創膏、湿布、包帯など、汗がつまりやすくなるため、汗疹ができやすくなります。

●汗疹ができやすい部位
汗疹ができやすい場所は頭、額、首、肘の内側、脚の付け根、膝の裏側といった、汗が乾きにくい部分。うっかり見落としてしまう場所でもあるので、通気性のよい服を着用し、こまめに汗をふくようにしてください。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

思いやりも育つ自由な環境とは

子育て中のママと音楽

赤ちゃんの泣き声

出産はきれいになるチャンス!

ベッドが分娩台に変形!?~LDR出産

おっぱいってすごいね。お母さん編-2