お餅は太る?お餅の意外な効果

皆さん、お正月、いかがお過ごしですか?

お正月で一番良く食べるものといえば「お餅」

お米でできたお餅は太りやすいと思われがちですが、

実は、お餅は低カロリーフード なのです。

例えば、
白飯が1膳: 252Kcalに対し、
お餅は2個: 236Kcalと低め。

さらに、お餅は低カロリーなだけではありません。

お餅は白米に比べて糖質が若干高めな為、血糖値を安定させることで満腹状態を長持ちさせることができます。

つまり、お餅は白米に比べて腹持ちが良いため、お正月にありがちな間食も防止できる効果がある訳です。

お餅は食べ過ぎにさえ注意すれば、他の穀物に比べて食物繊維や脂質をほとんど含まない食べ物なので、消化されやすく胃に負担がかかりにくい 特徴もあります。

食べ過ぎ、飲み過ぎで胃腸に負担が掛かりがちな年末年始にピッタリなのが、低カロリー&消化されやすい「お餅」なのです。

あくまでも食べ過ぎない場合の話ですが・・・(笑)

お餅はお米の良いところ凝縮したパワーフード。

お雑煮や磯辺で、美味しいお正月をお過ごしください。

ちなみに私のオススメの食べ方は「バター醤油」です♪

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

春野菜を食べよう!

甘酒の効果とは?

身体の不調に手の反射区・ツボを押そう!

オキシトシンと恋愛

生活習慣病予防として注目「アマニ油」

簡単ツボ押しで眠気を撃退!