アレルギー性鼻炎の対策

アレルギー性鼻炎」のタイプは 2つあり、

  • 花粉が飛ぶ季節にだけ症状がある「季節性アレルギー性鼻炎・花粉症」と
  • 一年中症状が出る「通年性アレルギー性鼻炎

に分けられます。

季節性アレルギー性鼻炎・花粉症ではスギ・ヒノキ・イネ科などの花粉が原因になるもので鼻の症状に加え、目のかゆみやのどの違和感なども伴います。
皆さんもご存知の通り、鼻の粘膜でアレルギーを起こし 「くしゃみや鼻水、鼻づまり」などの症状が現れる病気です。

人間の体には、異物が侵入した際にそれを排除しようとする「免疫」の働きがあります。

免疫が過剰に反応することによって、アレルギー反応(くしゃみや鼻水など)が起こり、最近では花粉症を起こす人の約4割が副鼻腔炎を合併していると言われています。その要因は鼻や副鼻腔粘膜が慢性的に腫れ副鼻腔炎を起こしやすくなるためと考えられます。

今まで全く症状が無かった方が、あるタイミングから突然アレルギー症状を起こしてしまう。。

今年から何となくクシャミや目のかゆみが・・・なんて方も多いのでは?

今や日本人の 4割がかかっている、と言われるほどの国民病になってしまった花粉症なのですが、

もっと厄介なアレルギー性鼻炎にもう花粉は飛んでいないはずなのに、鼻水が止まらなくてつらい・・・という一年中症状が続く「通年性アレルギー性鼻炎」というもあります。
花粉症がひどい時でもこれは一年中のアレルギーなので同時におこります。

これも、いつ誰が発症しても不思議ではないアレルギー。

近年の生活環境や住んでいる家の気密性が昔に比べて優れていることから、現代では 4人に1人が通年性アレルギー鼻炎とも言われております。
通年性アレルギーは、ハウスダストなど年間を通じて空気中に浮遊している物質に接触することで起こります。

鼻は詰まって、むずがゆく、鼻水が出る、口の中と、のどがかゆくなるなどの症状が特徴です。
通年性アレルギーは季節に関係なくいつでも発症し、1年中続くこともあります。

たいていはハウスダストに対する反応ですが、カビや真菌の胞子、織物の繊維、動物の鱗屑、ダニ、昆虫の死骸などが含まれます。また、ゴキブリが持ち込む物質がアレルギー症状の原因になることもよくあります。
これらの物質は年間を通じて屋内に存在しますが、特に寒い時期は家の中で過ごす時間が長くなるので症状が重くなります。

通年性アレルギー性鼻炎と花粉症では、アレルゲンが異なります。
通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲンの約 7~8割は、ダニを主とした室内のハウスダストと言われており、ハウスダストには、ダニのふんや死骸、ゴキブリなどの昆虫、チリやほこり、ペット類の毛、カビなども含まれます。

予防法は、自宅での対策が大きな鍵。

アレルゲンとの接触を絶ち、特に自宅にダニの巣を作らないことが不可欠です。
室内を掃除機でこまめに清掃する。空気清浄機などを使うのもよいでしょう。カーペット、マットをできるだけ避け、フローリングが効果的だと言われています。

そのほかの対策としては

  • カーテンの代わりにブラインドを使用する。
  • 部屋の湿度は50%、温度は20~25度を目安に保つ。
  • ふとんに専用の掃除機をかける。
  • ぬいぐるみは丸洗いできるものを選ぶ。
  • ペットを寝室に入れないようにする。

症状の程度には、ストレスや疲労、喫煙も影響すると考えられます。

ストレスや疲労で自律神経が乱れると、症状が悪化してしまうことがあるので、運動などによるストレス発散は大切です。
また、喫煙は鼻の粘膜を刺激する可能性があります。症状があるときはできるだけ控えた方が良いでしょう。

一旦なってしまうと、症状を薬で抑えることはできても根本から治すのは、現代の医学では極めて難しいと言われています。

症状を軽くするためにも上記のような改善策をお試しください。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

休日の「昼風呂のススメ」

夜中の苦しい咳に

秋に食べるとよい食材とは

睡眠

寝過ぎは美容・健康に良くない!?

花粉症-スギ花粉の時期に

体の節々が痛い!そんな風邪の対処法