インフルエンザを予防するには

今年は早くも9月に神奈川県茅ケ崎市の小学校でインフルエンザによる学級閉鎖が確認されていて、早い時期からのインフルエンザ拡大が予想されています。
ちなみに例年だとインフルエンザが猛威を振るうのは12月から2月の時期となります。

インフルエンザを予防するには、うがいや手洗いなどがありますが、「予防接種」もそのひとつです。
インフルエンザの予防接種を受けることによって「インフルエンザにかかりにくくなる」だけでなく「インフルエンザにかかっても軽くすむ」というメリットがあります。

では、インフルエンザの予防接種について見てみましょう。

今年のインフルエンザワクチンは予防効果が向上
今年のインフルエンザワクチンはこれまでの3価(A型2株+B型1株)から、4価(A型2株+B型2株)になります。
これによって、昨年以上にA型/B型どちらかのインフルエンザが流行した場合にも、または両方が流行した場合にも、十分に予防効果を発揮することが期待されています。

インフルエンザ予防接種を受けるおすすめのタイミング
インフルエンザの予防接種を受けてからすぐに予防効果が出始めるわけではなく、通常、インフルエンザウィルスの抗体が体内にできるまでに1~3週間の時間を要します。
インフルエンザの流行前に免疫をつくりたい場合は 10月中旬 から 10月下旬 に、インフルエンザの流行のピークに合わせるならば、11月上旬 から 11月下旬 までに予防接種するのが良いでしょう。

一旦、インフルエンザにかかると、熱がさがってもインフルエンザの感染力が残っていて他の人に感染させる可能性がある為、症状が始まってから概ね1週間程度は外出ができなくなってしまいます。時間を無駄にしない為にもインフルエンザの予防接種をしておきましょう。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

風邪をひいたと思ったら

花粉症と風邪の違いは?

ダイエット

美スタイルに!足の裏の筋肉強化で体幹を鍛える

頻繁に足がつる原因とは?

ヨーグルト

ヨーグルトで生活習慣病予防

美容・健康・ダイエット|キレイーナ

免疫力UP!むくみ改善!リンパの流れ改善法