オキシトシンと恋愛

オキシトシンと恋愛

オキシトシンは、脳下垂体後葉ホルモンの一種で、9個のアミノ酸により構成されています。このオキシトシンは、哺乳類だけが持っているホルモンで、心が癒されたり幸せな気分になれるという効果があります。このために、幸福ホルモンや恋愛ホルモンとも呼ばれています。

オキシトシンは、恋愛で好きな人との親密度がアップしたり、また出産時等に大量に分泌されます。このオキシトシンの分泌量が増加することにより、人への親近感や信頼感が増加し、ストレスが消失して幸福感を得られるという作用があります。また、血圧の上昇を抑制したり、心臓の機能が良化するので、精神面だけではなく身体的な部分にもメリットがあります。

この様に、様々な効果を期待できるオキシトシンは、恋愛以外でもペットとのスキンシップやエステティックサロンでのマッサージ、会社帰りの一杯等でも増やすことが出来ます。

つまり、オキシトシンは“心地良い”と感じた時に分泌されるということであり、分泌されることにより、心地良い状態が向上することになります。オキシトシンはストレスの解消や免疫力の良化等にも有効であり、健康的な状態をキープするために非常に効果的です。

なお、オキシトシンを増やすことにより、セロトニンの分泌量も促進されることになります。

このセロトニンは、癒しのホルモンとも呼ばれている物質で、心身のバランスを安定させるために欠かすことが出来ない脳内情報伝達物質です。この物質が不足すると、感情の抑制がきかなくなり、快楽から抜け出すことができずに依存症に陥ったり、イライラしたり鬱病になったりといった問題が生じます。

つまり、良い恋愛をすることは、オキシトシンを増加させ、精神的な不調を防ぐ効果があるとも言えるのです。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

ローズウォーターの効能とは?

放っておくと危険!?突然の肩こり

健康な身体作りに大切な腸のお話

ジョギング

ジョギング初心者の基礎知識

痛みを緩和 頭痛にアロマオイル

ハーブティー

美容に健康に!春のおすすめハーブティー