ジョギング初心者の基礎知識

ジョギング

ジョギング初心者の基礎知識

何か運動を行いたいと考えている方で、簡単に行えるものといえばウォーキングやジョギングが頭に浮かぶ方が多いでしょう。

ジョギングは健康維持やダイエットを目的に行っている方も多い、最もメジャーな有酸素運動の一つとなります。

ジョギングは、健康やダイエットだけでなく、ストレス解消にも良いとされているので、普段の生活でストレスが溜まりやすい方にもおすすめの運動です。今回は、そんなジョギング初心者が知っておきたい基礎知識について触れてみましょう。

ジョギングを始めたいと考えている方は、初めは無理をせずに徐々に体を慣らしていくと良いでしょう。

特にジョギング初心者の方は、ケガをするリスクが高いため、走り始める前には必ず準備運動としてストレッチを取り入れましょう。ストレッチは筋肉をほぐして血行も良くする効果があるため、ケガのリスクを下げる効果があります。例えば、工場など現場の仕事のほとんどはケガのリスクを下げるために準備運動としてラジオ体操が取り入れられています。

また、ジョギングをするのに適した時間帯も存在します。

朝にジョギングを行う方も多いですし、朝日を浴びながら走るのはとても気持ち良いことです。しかし、夕方にジョギングを行うほうが運動の効果を上げることができます。なぜなら、夕方は人間の体温が一番上昇している時間となるためです。体温が上昇することによって、体もほぐれているのでケガのリスクを軽減する効果もあります。

ダイエットを目的としてジョギングを行うという方は、脂肪が燃えやすくなる20分以上継続してジョギングすることで効率良く痩せることができます。

ジョギングで走る速度としては、普通に話すことができるぐらいのスピードを心がけましょう。

話すことができないのは、体に負荷が掛かっていることになります。ジョギングを行っていると、気持ちが高まると聞いたことがある方がいるでしょう。体に負荷がかかり、体を麻痺させるために脳から脳内麻薬が分泌されることによって快感を得られます。この快感をランナーズハイと言いますが、初心者でランナーズハイを感じる方は少ないようです。

ジョギングは、生活習慣病予防にもなり肥満の対策にも役に立ちます。筋肉がついて代謝が上がるので、太りにくい身体を作ることができるのです。ジョギングにより、血行が促進するため、老廃物の排出が促進されてデトックス効果もあるようです。血行促進で、美容と薄毛の予防にも効果があると言われています。

様々な効果のあるジョギング、皆さんも日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事

生活習慣病予防として注目「アマニ油」

疲れた胃腸を整える食材を摂ろう

やる気が出ない時はどうする?

慢性腰痛の予防と対策

足を組む癖を治そう!

脚のダルさ・重さを解消!簡単ケア