タイプ別「目の下のクマ」対策

「寝不足になると目の下にクマができる」とよく聞きますよね。

しかし、クマができたからと言って寝不足だとは限りません。
クマを治すために睡眠を多くとってみたり、原因は血行不良だと勘違いして過度にマッサージなどしていませんか?

老けた印象や疲れた印象を与えてしまうクマ。
このクマにも種類がありそれぞれ原因が異なります。なので、自身のクマの状態を知り対策を立てないとなかなか消すことはできません。

目の下のくまの種類は主に「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3つ があります。軽度のクマの場合は毎日のケアを正しく行えば、解消または予防することができます。

●青クマ
目の周りは皮膚が薄く、一番良く動かす所なので皮膚がしわくちゃになりがちです。
多くの毛細血管があるので、」寝不足や疲労・ストレスなどの原因によって目の周りの血行不良が生じたとき黒ずんだ血液が透けて、青黒く見えてしまう、これが青クマの正体。
つまり目の周りの血行を良くすることが青クマ対策に最も有効だと言えます。具体的にはホットパックあるいは蒸しタオルなどやマッサージなど、直接的な方法はもちろん有効です。半身浴など、全身の血行が良くなることも予防になります。それから、タバコは毛細血管の血流を著しく悪くするので、タバコを吸っている人は禁煙するのもいいかもしれません。

●茶クマ
茶クマの正体は、実はシミや肌の部分的なくすみが原因。
女性であればちゃんとアイメークを日ごろ落としてなかったり、目をこする刺激で小さなシミができたり、角質が厚くなって肌色がくすんだりするために起こります。スキンケアで美白を行うことをおすすめします。ピーリング効果のある化粧品を使うと効果的です。ピーリングするとターンオーバーが活発になり、美白化粧品も浸透しやすくなります。美白化粧品はメラニン色素を消すものではなく、メラニン色素が作られるのを抑えるものらしいので、茶クマができる前から予防的なケアをするのが効果的です。茶クマの原因にもなるシミは、肌の中にメラニン色素がたまったものです。メラニン色素は紫外線を浴びることによって増えるので、日頃から紫外線対策をしっかりしましょう。

●黒クマ
加齢によるたるみ、目の下のコラーゲン不足が原因だと考えられます。
他のクマと違って、皮膚の色が変わっているのではなく、たるみにより影ができてクマのように見えているという現象です。 そのため元々涙袋が大きいやはっきりとした顔立ちの人ほどよく目立ち、顔がむくんだ日はもっと目立ちます。
エイジングケアが一番の対策である黒クマ。
エイジングケアの基本は保湿なので、黒クマの方はまずは保湿を第一に意識する必要があります。アイクリームはエイジングケアを意識した商品がほとんどなので、アイクリームを使うことで黒クマ対策を行うことが可能です。リンパの流れを改善し、老廃物をしっかり出すことでむくみをとりましょう。下まぶたや頬の筋肉を鍛えて、しっかり支えられるようにしましょう。コラーゲンを増やすことで、まぶたがむくみや脂肪分を支えられるように助けてあげましょう。

あとはバランスの良い食事を整えること。
無理なダイエットによって皮膚が痩せると目の下のたるみも進行するため、バランスのいい食事で身体の内側から健康的な肌を保ちましょう。

目の周りの筋肉(眼輪筋)を鍛えるエクササイズもおすすめします。
目を大きく開いたりギュッと閉じたりの繰り返しや、目玉を左右上下にゆっくりと回すエクササイズが効果的です。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

レモングラス,ハーブ

アンチエイジングにフレッシュハーブ

髪トラブル

カサつく頭皮にアロマケア

「ピタヤボウル」で美白になろう♪

ヨガ

腰痛やヒップアップに〜ヨガ・バッタのポーズ

美髪

ハチミツとシナモンで美肌・美髪ケア

早起きは美人の始まり?!