タイプ別で見る口臭ケア

せっかくの爽やかな朝なのに、口臭なんてイヤなものです。
朝起きた時、口の中がねばついたり、イヤな臭いがすることがありますよね。朝起きた時は口の中がバイ菌だらけなんだから仕方ない、とあきらめていませんか?

でも、口臭ケアをきちんと行えば、臭いを解消することができるのです。

口臭は、原因によって「生理的な口臭」「病気による口臭」「ニンニクなど食べ物による口臭」「タバコ、アルコールなどによる口臭」などがあります。

この中で、最も身近なのにわかりにくいのが「生理的な口臭」でしょう。

生理的口臭とは、起床時、空腹時、緊張時、疲労時、月経時などに、誰にでも起こる口臭のことで、歯磨きなどで口内の清潔を保てば極端に心配する必要はありません。

朝、目覚めた時に口の中が渇いたようにネバネバして、自分の口臭を感じたことのある人は多いはず。

朝、起き立ての口の中のネバつきは細菌のせいです。細菌は健康なひとの手・口の中・腸の中その他いたるところに存在し常在細菌と呼ばれます。ちなみにヨーグルトなどに入っている乳酸菌なども常在細菌の一種であり、一般的に善玉菌などと呼ばれ健康維持に活躍しています。
手や口の中に存在する菌も同じような働きがあり、病原性のある細菌が増殖するのを防いでくれています。

~ 一日で一番口臭が気になるのは? ~
1日のうちでも時間帯や体調によって変化し、口臭がきつくなるときがあります。
それは、朝の寝起き。起床時の口臭は代表的な生理的口臭です。なぜなら、夜寝ている間は口臭の原因となる雑菌を洗い流す唾液の分泌が減るからです。これは誰にでも起きている現象ですが個人差があります。

では、次にタイプ別に口臭ケアを見てみることにしましょう。

●寝る前の歯磨きをしない
寝る前に歯磨きをしない、またはしっかりできていないと、歯には食べ物のカスが残ったままです。ただでさえ、睡眠中は口の中の雑菌が増えるのに、歯磨きができていないと、さらに菌にエサを与えることになり、よけい菌が増えます。そうなると、寝起きの口臭はきつくなって当然です。

●歯と歯の間の汚れ
歯ブラシで磨くだけでは、口臭対策としては充分とはいえません。食べカスは歯と歯の間に溜まりやすく、歯ブラシだけでは取れにくいのです。残った食べカスは雑菌の増殖につながり、口臭を強くさせます。フロスや糸ようじ、歯間ブラシなとを使い、歯と歯の間まできれいにしましょう。

●舌磨きをしない
口臭の原因となる口の中の汚れは歯や歯の間だけではありません。舌が白くなっていませんか?もし、そうなら、それは「舌苔(ぜつたい)」です。舌苔には古い粘膜や雑菌、食べカスなどが含まれ、口臭の大きな原因となります。寝る前に舌専用のクリーナーや綿棒でやさしく舌をこすって舌苔を落としましょう。寝起きの口臭予防になります。

●虫歯または歯周病
虫歯があるのに治療していなかったり、治療の途中で放置しているような歯がありませんか?こんな歯は細菌の温床であり、口臭の原因となります。そして、唾液の分泌が減る睡眠中に最も活発に細菌が増え、必然的に寝起きの口臭はひどくなります。

口臭の原因の80%が歯周病だといわれています。また、就寝中は、歯周病を起こす菌を洗い流す唾液が減るので、歯周病が進みやすいので、寝起きはさらに口臭が強くなります。就寝前の歯磨きの後、薬用のマウスウォッシュでうがいをすれば、寝起きの口臭予防になりますし、歯周病の進行も抑えられます。

●口呼吸
眠っているとき、口を開けていませんか?これは、口呼吸になっているからですが、口呼吸をしていると口の中が乾きます。ただでさえ唾液が減っているのに加え、さらに少なくなってしまい、口臭の元である雑菌をより多く増殖させてしまうことになります。
口呼吸の原因は鼻炎などの鼻の病気が考えられますが、鼻の病気そのものも口臭の原因となります。

●ストレス
ストレスが溜まると口の中が乾きがちになります。ドライマウスという状態ですが、この状態が続くと寝ている間、極端に唾液が少なくなってしまいます。
ストレスの少ない生活を心がけたいものですが、そうもいかない場合は、就寝前にコップ1杯程度の水やお茶を飲むことで手軽なドライマウス対策と寝起きの口臭予防になります。また、緑茶なら、消臭効果のあるフラボノイドを多く含むので、より効果があります。

しかし、実際には口臭がほとんどないのに、自分には口臭があると思いこんでいる場合があります。口臭は自分ではなかなか判断できないために、神経質になりがちなのです。これは「心因性の口臭」と呼びます。

実際に口臭がある場合も「心因性の口臭」の場合も、ストレスを無くすことで口臭も防ぐことができます。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

運動と筋肉痛

抗酸化作用とは?

ウォーキング

ウォーキングで健康増進するポイント

春のアトピー対策

夜,ストレッチ

「夜」の方が効果的なこと

風邪予防に!ネギのパワー