「ツボ」で口臭予防

今日はどうも口臭がきついような気がする、というときはありませんか。

仕事で大事な会議や打ち合わせ、さらにデートの約束がある日にこれはつらい・・・。

こういった場合、口腔(こうくう)の問題、内臓の疾患、ストレスなどさまざまな原因が考えられます。

一般的に、口の中が渇く、唾液(だえき)が少なくなる、歯周病、また、東洋医学で言う『胃熱』の時、つまり、疲れなどで胃に熱がたまっているような場合に出る口臭の場合は、「ツボ」を刺激してみましょう。

もっとも簡単に出来る口臭対策です。

口臭と体にあるツボは、一見関係がないように見えます。しかし、ツボを押す事によって、口の臭いを抑えられる事が判明しています。

起床時や、ちょっと今日は臭いが気になるといった時に、少しでも時間が取れれば、押してみると良いですね。ツボは、特別な道具も必要ないので気になる時に いつでもどこでも行う事ができる というメリットを持っています。

口の臭いを抑える効果を持つツボをきちんと覚えれば、いろいろな場面で、必ず役に立ちます。

通勤や通学時にツボを押す事もできますし、デート前の待ち合わせ時間や、会議前のオフィスでも押す事ができます。

唾液を促すツボを刺激する

まず、 口臭 に効くツボとしては、唾液 に効くものがあります。口臭は、唾液の分泌量の低下によって起こります。

その為、唾液の分泌を促すようにする事が重要です。唾液は口臭対策にとってとても大切。

口の中では、細菌が食べカスなどを分解してエネルギーにしているのですが、それが腐敗して発生するガスが口臭となるのです。

唾液は食べカスなどを洗い流し、また細菌を殺菌する作用もあります。そして 99.5%水分である唾液が発生したガスを溶かして閉じ込めているのです。

つまり唾液の分泌不足は、口臭の発生に繋がります。

「唾液の分泌を働きかけるツボ」

●足のツボ「湧泉(ゆうせん)」
足の裏にある「湧泉」は、疲労回復、リラックス効果と共に、唾液の分泌効果も期待できます。
全身の倦怠感や足のむくみにも効果が期待できるので、ストレスを感じる時や女性にもオススメです。

●顔のツボ「頬車(きょうしゃ)」
頬と下あごに関係する「頬車」は、耳たぶの下から顎の骨に沿って下がったえらの部分にあります。
えらの部分から、中指の幅の分だけ上に向かったところが「頬車」で、顎の力を抜くと少し窪んでいるのが特徴です。

●顔のツボ「 翳風(えいふう)」
耳たぶのすぐ後ろにある窪み「翳風」です。歯周病や歯の痛み、これらが原因による首の痛み、肩こりに効果が期待できます。

「胃腸に働きかけるツボを刺激する」

胃腸からくる口臭に効くツボ胃腸の不調は舌の状態を悪くさせ舌苔を増やしたり、消化不良による臭いが血液を通って、外に出てくるなど、口臭の原因になります。
その様な胃腸の不調を改善するには以下のツボを刺激しましょう。

●手のツボ「大陵(だいりょう)」
口の臭いや胃もたれに効果的な「大陵(だいりょう)」です。
「大陵」は、手の平を上にした状態の、手首の横ジワの中央をさします。親指の腹で痛みを感じない程度に刺激しましょう。

●手のツボ「内関(ないかん)」
「内関」に刺激を与えると、口腔内の不快感を抑えられます。
「内関」を押すと痛みを感じる事が多いですが、「内関」を押すと、みぞおちの痛みなどを軽減し、胃腸の調子を整えます。

●手のツボ「曲池(きょくち)」
力を強めにするというのがポイントです。「曲池」は、寝不足やストレスで弱った胃腸に対して、効果のあるツボです。

いかがでしたか?
覚えておくと便利ですよね。体の健康やバランスを整えて「口臭」が起こりにくい体を作りましょう。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

寒い日の朝、おススメ♪ストレッチ

足を組む癖を治そう!

冷え性改善にセルフリフレクソロジー

朝のむくみ解消法

病気と体臭

女性は幸せを感じる感覚に優れている?!