ドライマウス-乾燥する時期に

乾燥すると気になりませんか?

『ドライマウス』

朝起きると口の中が何となく臭い。

電車で隣の人の口臭が気になる・・・などなど。

ドライマウスとは「口腔乾燥症」

歯科疾患の1つで唾液の分泌量の低下が原因で口の中が乾く症状をいいます。

唾液の分泌量が減ることにより、口の中のネバつきや口臭、歯周病・虫歯などを引き起こす原因となるわけです。

ドライマウスの原因としては、

・薬剤の副作用
・糖尿病
・更年期障害
・口内周囲の筋肉の低下
・ストレス
・加齢
・食習慣
・喫煙

と様々。では、どうしたら防ぐことができるのでしょう。

対策としては、まず

1.口内を清潔に保つ
唾液が減ると口内の雑菌が増え、感染症や歯周病の原因となりやすくなります。歯磨きだけではなく、こまめにうがい薬などを使ったうがいをすることをおすすめします。

2.水分補給
唾液の代わりに口内を潤してあげましょう。

3.唾液が出るよう促す
顎の体操などで唾液線を刺激すると唾液の分泌量が増えます。

唾液は抗菌作用や消化作用などの役割もあるため、ドライマウスによって唾液の分泌量が減ると健康被害や病気を引き起こす原因になるのです。

今では、そのまま口に注げるタイプのうがい薬などドライマウス対策のグッズやサプリがあります。
上手く活用してドライマウスを解消しましょう♪

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

肩こり

肩こりと姿勢の関係

春キャベツの驚きの効果

「正しい水の飲み方」ってどんな飲み方?

ハーブティー

つらい咳はハーブティーを飲もう

花粉症と風邪の違いは?

花粉症

花粉症に効果的な食材ダメな食材