ネンネ期の赤ちゃんエクササイズ

私の子育てで一番大切にしているのが子どもたちのペースに合わせること。
特に 0歳児の発達については個人差が大きいと思います。

第一子のネンネ期の頃は、割と時間がゆっくり流れている感じがします。
そして、まわりの同じぐらいの月齢の子と発達を比べがちになり、お母さんたちに焦りが生じ、ヨガのレッスンなどでも相談されることがよくあります。

まず、よほどの問題がない限り必ず歩くようになりますので、母子手帳どおりに赤ちゃんの発達が進んでいなくても安心してください。赤ちゃん一人ひとりのペースがありますし、それがわが子の個性だと思ってあげることによってお母さんの気持ちも安定してきます。

今回は、おすすめのネンネ期の赤ちゃんとお母さんのためのエクササイズを紹介します。
対象月齢は生後 1ヶ月~寝返りが出来る頃までです。

赤ちゃんは泣くのが仕事。とはいえ、いつでも泣かれるとそれもまた、お母さんのストレスになりますよね。そこで、夕方のご飯の支度の頃ぐっすり眠ってくれるように時間を決めて赤ちゃんのエクササイズを試してみましょう。

世の中が忙しくなり始める 15時~16時ごろだと、小学生の下校時刻などで赤ちゃんの泣き声もあまり周りの人に気にされない時間帯だと思います。

その時間帯に適度なかたさの布団などに赤ちゃんをうつぶせにしてみましょう。
うつぶせに慣れていない赤ちゃんは、最初びっくりして泣き出しますが泣かせるのがポイント。

もし、広いスペースがあるなら赤ちゃんと同じ目線でお母さんもうつぶせになってみましょう。赤ちゃんと同じポーズになり赤ちゃんの見ている世界を一緒にみることによって新しい発見があります。

赤ちゃんがお母さんの真似をするのではなく、お母さんが赤ちゃんの動きを真似するのです。時には一緒に泣いてみるのも良いリフレッシュになるかもしれませんね。

しっかり泣いた後には抱っこしてスキンシップ。身体もよくなでてあげましょう。
そして授乳やミルクで水分補給。そのあと寝かしつけすると、一番忙しい夕飯の準備の時間に赤ちゃんはスヤスヤ。お母さんも集中して家事ができるようになりますよ。
ラクラク育児のコツ。ぜひ、お試しください。

出産・育児の気になる情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

離乳食の進め方

ベッドが分娩台に変形!?~LDR出産

子どもの能力を伸ばす観察力

思いやりも育つ自由な環境とは

赤ちゃんの泣き声

葉酸を摂って流産予防