ビタミンE で生活習慣病予防

ビタミンE で生活習慣病予防

ビタミンE を摂取することで得られる生活習慣病の予防効果としてよく知られているのは、動脈硬化の予防です。

動脈硬化とはそもそも悪玉コレステロールによって引き起こされます。

血液中を流れる悪玉コレステロールは血管会いにできた傷に潜り込み、活性酸素の働きで酸化してしまいます。すると、体の免疫システムである白血球がこれを取り除こうとして悪玉コレステロールの集まっている部分に入り込み、参加した悪玉コレステロールを食べて死にます。

そうなると、アテロームプラークと呼ばれる固まりが残るのです。このアテロームプラークがどんどんと大きくなると、その部分は血液が流れにくくなり、やがては血栓にもなり心不全などになり命を落とす可能性が出てくるのです。

ビタミンE には抗酸化作用があり、そもそも悪玉コレステロールが酸化を防ぎ、その後、アテロームプラークが出来るの防いでくれるのです。これにより血流が妨げられることは防ぐことが出来ます。

また抗酸化作用は過酸化脂質という物質が出来ることも防ぎます。

過酸化脂質のもとになる低比重リポタンパクというのは、エネルギー源である脂肪や細胞膜の材料となるコレステロール、ビタミンE を細胞に供給する働きがあるのですが、参加してしまうと異物としてやはり免疫により取り込まれてあとに固まりが出来ます。泡沫細胞となります。それが血管を傷つけ動脈硬化の引き金になるのです。こちらも酸化を防ぐことで予防する事ができます。

血管への作用もあり、血管を収縮させる神経伝達物質の生成を抑える事により、血液量を多くする事ができます。よく貧血や貧血になるようであれば、ビタミンEが不足している可能性があるので、食事やサプリメントで補給して起きたほうが良いでしょう。

もちろん、ビタミンE は、動脈硬化のような血管に起きる病気だけでなく、酸化を原因とする病気にも効果的です。

例えば死因で最も多いガンについても、酸化ストレスの存在は無視できません。人間が日々行っている細胞分裂で、正しい情報を持った細胞ではなく、誤った情報を持った細胞すなわち「がん細胞」が生まれてしまいます。

ただ、普通であればがん細胞は免疫により取り除かれるので問題はありません。ところが、あまりに多くがん細胞が出来てしまうと、処理能力が間に合わなくなり癌細胞の増殖へと繋がります。酸化ストレスはがん細胞の発生する割合を増やす作用があるのです。

特に年を取ってくると、免疫は衰え酸化ストレスによる影響がよりいっそう大きくなります。つまり、ビタミンEのもたらす生活習慣病の予防効果がより必要になるのです。

関連記事

睡眠

良い睡眠を取る方法〜part2〜

甘く見てはいけない「低温やけど」

気圧の変化と心身の関係とは?

山芋を食べて疲労回復・免疫力アップ!

お餅は太る?お餅の意外な効果

風邪をひいたと思ったら