ファスティング中に控えたい食べ物

ダイエット

ファスティング中に控えたい食べ物

ファスティングは食事を摂取せずに胃腸を休める事で、これを行う事によって体の中に溜まっている老廃物を排出しやすくなります。ファスティングを行うことによって低下してしまった代謝機能を回復させ、さらにダイエット効果が期待できるとされています。

人間は毎日の生活を送る為に栄養バランスの整った食事を摂取する必要がありますが、現代社会の食事は欧米化が進み、高タンパク質、高脂質の食事をしている人も少なくありません。

またアルコールを毎日摂取してしまったりすると、内臓にどうしても負担がかかってしまい、結果的に消化が上手くいかなくなってしまいます。消化がうまくいかなくなると。栄養を上手に吸収する事が出来ず、老廃物が体の中にドンドン蓄積されて行ってしまうことに繋がります。

ファスティング自体は全く食事をしない方法も有りますが、その人の体質・体調によっては大きな負担を強いてしまう事もあります。そのため、ファスティング中は消化に良い食べ物を摂取する方法が体にも良く安全だと言われています。

その一つとして摂取すると良いと注目されているのが酵素ドリンクです。栄養バランスは良く、満腹感を感じる事も出来るので結果的にファスティングを継続しやすくなるというメリットがあります。

一方、ファスティング中に控えたい食べ物としては、タンパク質や脂質、糖質が有ります。実際に摂取する事によって胃腸に負担を掛けてしまうだけでなく、せっかく上がってきている代謝を低下させてしまったり、老廃物の排出を阻害してしまう可能性があるからです。

また糖質についてはその甘味が食欲をより感じさせてしまう原因となる場合があり、結果的にファスティングを中断してしまう原因になる事もあります。カロリーが0と言う糖質も有りますが、甘い物自体が食欲に影響を及ぼす可能性があるので出来るだけ控えます。

また魚自体は健康な食生活を送るという点から言っても摂取する方が良いとされることが多い食材ですが、ファスティング中は控えたい食べ物の一つとなっています。肉に比べると魚の方が消化しやすいので胃腸にも負担をかけにくいと思われがちですが、ファスティング中の胃腸は普段の食生活を送っている時に比べるとはるかにデリケートです。そのため、魚でも負担を掛けてしまう可能性があるので摂取は控えましょう。

食事をとりつつ部分的にファスティングを行う場合は、豆・ごま・海藻・野菜等を摂取して、ファスティングが終了して日常の食事に戻るまでは高タンパク質・高脂質の食材やアルコール・刺激物の摂取は控えます。

関連記事

話題の「ユルム茶」とは?

身体の代謝を高めてダイエット

ヨガ

朝にオススメのヨガポース

なかなか細くならない二の腕に!簡単アロママッサージ!

ファスティング,断食

ファスティングの注意点

お酢で楽々ダイエット