マスクで乾燥ケア

冬の時期に気になることと言えば「乾燥」ですよね。

乾燥はお肌の乾燥など美容面だけと思いがちですが、実は健康面でも大敵だったりします。

空気が乾燥することにより、お肌同様「喉の粘膜」も乾燥してしまいます。
喉の粘膜が乾燥してしまうと、免疫力が低下するだけでなく風邪やインフルエンザのウイルスにも感染しやすくなるのです。

そんな乾燥時期に重要なアイテムとなるのが、

マスク

まず、マスクは病原菌の体内への浸入を直接防いでくれます。
さらに、冷たい外気、乾燥した空気を吸い込むと鼻や喉の粘膜が乾燥してしまいますが、
マスクをしていることで、マスク内で適度な湿度を保ってくれるので喉の粘膜が渇きません。

お出かけの時のマスクはもちろんのこと、睡眠時のマスクもかなり効果的。

無防備な就寝時こそマスクをして乾燥ケアをすることをおすすめします。

就寝時マスクは苦しいという方は、透過性の良いガーゼのマスクを使ってみたり、薬局には便利な濡れマスクも売っているので使ってみると良いでしょう。

寝てる間の口呼吸は喉を乾燥させ、炎症を起こしやすくさせます。

風邪の原因を作らない為にも上手にマスクを活用してくださいね♪

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

やる気が出ない時はどうする?

アレルギー性鼻炎の対策

夜,ストレッチ

1日の終わりに!体をOFFにするストレッチ

冬にかかりやすい病気・感染症

ヨガ

お腹周りのダイエットに!ヨガポーズ「ダンダアーサナ」

ため息をつくと幸せが逃げる?!