ヨガで背中のお肉をダイエット~バッタのポーズ

ヨガ

薄着のシーズンがやってくると、気になるのが背中のお肉。

鏡を見た時、自分を正面から見てチェックすることはしても、背中、ヒップ、太ももの裏など、自分の背面をまじまじとチェックすることって、あまりないですよね。

でも、あなたも他人の姿をつい見てしまいませんか?
道を歩いてて、電車に乗ってて、階段やエスカレーターで。前にいる人の後ろ姿・・・前にいる人の背中のラインやヒップの形を。女性だけではなく、男性も同じ。女性の方が下着を付けることで目立ってしまいますが、女性と同じように男性だって見られています。

背中にお肉がつく原因は、大きく分けると2つのタイプに分かれます。

・加齢によるもの
・猫背によるもの

では、背中のお肉は何でついてしまうのでしょう?

首から背中中央、首から肩、肩から背中中央を結ぶ三角形の筋肉「僧帽筋」。腕の下から背中後方へかけて、背中を広く覆う筋肉「広背筋」。それから、13個の筋肉の総称で、脊柱の両側を平行に走り、骨盤から脊椎をつないでいる表面からは見えない細長い深部筋肉群「脊柱起立筋群」。それらの筋肉などで背中のラインは作られています。

そもそも 筋肉の主な仕事は「縮む」こと。
筋肉はみずから「縮む」という動作をすることで、血流を取り込み、エネルギーを消費しながら、その柔軟性や強さを保っています。

背中を丸めて姿勢が悪いということは、背中の筋肉が使われていないということ。そうなると、血液の流れは悪くなります。筋肉が動かないので周りの脂肪も燃焼されません。

なので「背中のお肉が付きやすくなる」という悪循環に陥るわけです。
そこで、ヨガのポーズで背中の姿勢を改善して脂肪を燃焼しやすくしましょう!

~ ヨガのポーズ・シャラバーサナ(バッタのポーズ) ~
「シャラバーサナ (バッタのポーズ)」は背筋の強化・姿勢の改善に効果的なポーズです。
背筋の強化・姿勢の改善だけでなく、臀部、腕の後ろ側と脚の強化・肩、胸、腹、太腿のストレッチ・腹部組織の活性化させてくれます。
また、疲労・鼓腸(腹にガスがたまること)・便秘・消化不良・腰の痛みにも効果的でストレスも緩和してくれます。

では、早速ポーズをとってみましょう。

まず、うつ伏せからの単純な上体反らしをしてみてください。この時、呼吸を止めず反らした上体をキープ出来るか確認しましょう。

ヨガで背中のお肉をダイエット~バッタのポーズ

次に、単純な上体反らしが無理無く行えるようになったら腕を背面で組んでみます。上体を反らした後に腕を図のように体から離してみましょう。

上半身の動作が無理なく行えるようになったら今度は足も同時に上げるようにしてみましょう。

なるべく腹式呼吸で。30秒を 3回ぐらい、背中に意識をしながら行います。これで終わりです。

シャラバーサナ(バッタのポーズ)で、夏までにすっきりした背中を手に入れましょう♪

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

エステ,痩身エステ

生理中の痩身エステ、どうする?

オキシトシンと恋愛

重曹入浴のススメ

炭酸水は身体&美容にいい?

花粉症対策で注目されるカテキン

熱中症の特徴と対策