ヨガの効果~アンチエイジング

ヨガ

ヨガの効果~アンチエイジング

全身を使うヨガには、筋肉や血流を始めとした若返り、つまりアンチエイジング効果があります。

筋肉に注目すると、普段使わない部位やインナーマッスルに刺激を与えることになるので、転倒防止やバランス感覚の向上に役立ちます。例えば、足腰が弱い高齢者は外出する機会が減ったり、座りっぱなしや寝たきりの時間が増えて、負のスパイラル的に筋肉量が低下します。

しかし、短時間でも定期的に体を動かすことで、衰えがちな筋肉は蘇り、結果的にアンチエイジング効果へと結び付きます。ヨガのアンチエイジング効果は決して高齢者だけではなく、デスクワークであったり移動に乗り物を使う、座りっぱなしの現代人にも当てはまる利点です。

足腰が効果的に鍛えられるヨガは、まさに現代人に打って付けで、おすすめ出来る取り組みの一つといえます。

ヨガの二つ目のアンチエイジング効果は、体の柔軟性が高められることによって、肉体的なストレスが減少する点が挙げられます。

姿勢が何時も同じだと、筋肉は凝り固まってしまい、肩こりや腰痛の原因に変わります。一方、ヨガで日常的に体を柔らかく保てば、筋肉や血管が柔軟になって、凝りや痛みのリスクを減らすことが出来るでしょう。体が凝りから解放されるので、血流の悪化による頭痛が改善されたり、頭痛が引き起こすイライラ感が減少したりと、精神面にも良い影響があります。

また、血管のアンチエイジングは、健康に加えて美容面にも役立ちますから、健康で若々しくありたい人に適しています。老化した血管は、血流の流れを悪くしてしまったり、柔軟性を失って小さな衝撃でもダメージを受けるようになります。老化の原因は様々ですが、ヨガは健康でしかも安全に若返りが期待出来ますから、血管の老化が気になる場合にも最適です。

ヨガの三つ目のアンチエイジング効果は、ゆったりとした深呼吸によって、副交感神経が優位になるリラックス効果です。

忙しい現代人は、何かとストレス源に囲まれているので、気が休まる時間があまりありません。精神的な負担を無視して無理をすると、今度は交感神経が乱れてしまいますから、意識的にリラックス出来る時間を設けることが大切です。

体を温めて深く呼吸を行い、全身を使って体を動かすヨガは、脳や精神にも良い影響を与える切っ掛けとなります。深呼吸は血圧を落ち着かせ、内臓の活動をスムーズにしたり、悩みによる不安を減少させる働きがあります。体の働きを整えるので、ストレスが原因の暴飲暴食が避けられますし、内臓や精神の負担が減って寝付きが良くなります。

睡眠の質が改善すると、肌を若々しく保つ栄養が行き届きやすくなりますから、これも老化が気になる人にとって嬉しいポイントです。

関連記事

シミ対策に必要なビタミンC摂取のポイント

日焼けでシミになるのはなぜ?

春のスキンケアポイント

「ピタヤボウル」で美白になろう♪

ハーブティー

美容に健康に!春のおすすめハーブティー

レモングラス,ハーブ

アンチエイジングにフレッシュハーブ