ヨガ 呼吸法の種類

ヨガ

ヨガ呼吸法の種類

人間は生まれた時から当たり前のように呼吸をして、自然に命を繋いでいます。生きていくためには欠かせない営みで、酸素を取り込むことで血液の中に流れエネルギーとして消費され、体内で生まれた二酸化炭素を不要な物として排出します。この呼吸は交感神経や副交感神経といった自律神経のコントロールに密接に関与しており、喜びや悲しみ、苦しみといった感情によって呼吸も大きく変化するようになっています。

そのため、呼吸をコントロールするということは、感情をコントロールするのと同義であり、心身を整えるために呼吸は無くてはならないものと考えられています。

健康法として一般的になったヨガでも呼吸法は大切なものとして扱われ、ポーズや流派によって様々な呼吸法が存在します。

一般的には胸式呼吸や腹式呼吸が知られていますが、ヨガの呼吸法の種類はそれ以上に及び、健康的な身体作りと共に精神統一や心のコントロールに必要なものとなっています。ヨガにおける呼吸法はサンスクリット語で呼吸を意味するプラーナ、制御や制止、延長といった意味を持つアーヤーマと合わせてプラーナヤーマと呼びます。

単なる息ではなくあらゆる生物や物における、身体内外に存在する生命エネルギーとされます。深い呼吸をすることでプラーナを取り込み、身体の隅々まで行き渡らせることで細胞を覚醒させてエネルギーを活用するとされます。

ヨガの呼吸法の種類は代表的なものに腹式呼吸や胸式呼吸といった一般的なものから、丹田呼吸、ハタ呼吸、カパラバティ呼吸、マントラ呼吸などポーズや流派によっていくつもの種類が存在します。

種類によって期待できる効果も異なり、例えば腹式呼吸では副交感神経の働きを活発にさせることでリラックスさせ、イライラや短気になるのを改善させたり、内臓のマッサージ、冷え性や便秘、生理不順などの改善もできるとなっています。

胸式呼吸では交感神経を活発にして覚醒しやすくなることで、朝の目覚めを良くしたり、胸を反らすことで猫背を改善して姿勢を良くするといった具合に役立つようです。

ヨガでは息を吸うことをプラク、吐くことをクチャク、止めることをクンバクと言います。

クンバクは息を止めることでプラーナを身体にとどめ、血液から全身に行き渡らせることで眠っている細胞を目覚めさせます。つまり、息を止める時間が長ければ長いほど、その効果が期待できるとして、様々な呼吸法に取り込まれているやり方となっています。

関連記事

生活習慣病予防として注目「アマニ油」

ヨガ

ヨガウェアとヨガマットの選び方

ヨガ

朝にオススメのヨガポース

重曹で白い歯輝く歯

「浮き指」になっていませんか?

ヨガ

体質改善におススメのヨガポーズ