免疫力UP!むくみ改善!リンパの流れ改善法

美容・健康・ダイエット|キレイーナ

リンパの流れ改善法

私たちの体の中は、体内の約70%が水分だと言われています。

リンパ液は、リンパ管の中を通る液体で、成分のほとんどが血液と同じです。リンパ管は体の中、内臓や皮膚をはじめ網の目のように分布しており、リンパ節はそのリンパ液を運ぶリンパ管が集中する中継地点のことを言います。

リンパが滞ると、リンパ管を通れない体液が細胞の隙間にたまり体内に余分な水分が溜まることでむくみとして現れたりします。

また、そうなると体内に老廃物などの毒素が溜まりやすくなります。老廃物には疲労物質が含まれているともいわれており、その結果、疲れ・だるい・肩こり・首のこりなどの原因になることもあります。

リンパが滞る原因は沢山ありますが、主な原因は何なのでしょう。
いろいろありますが、日常の暮らしの中で発生する原因を考えてみましょう。

運動不足

現代は、運動不足の方であふれています。運動で筋肉を動かせば、血液やリンパ液を押し出すことができるのですが、運動不足になるとリンパ管に圧がかからなくなって、リンパ腺の流れが悪くなるのです。

冷え症・低体温

現代は、冷房装置などが徹底して、常に体が冷えている人が多いです。その結果、体温が低いと、血液の循環が悪くなります。リンパ液は血流の力に頼って流れていますので、体が冷えると流れが悪化してしまうのです。

ストレス

これまた、現代はストレス社会ともいえます。自律神経が血流をコントロールするのですが、自律神経はストレスの影響を受けやすい場所なのです。ストレスによって血管が収縮したり、筋肉も緊張しますので、リンパが流れにくくなるのです。

トイレの頻度が少ない

不健康な食生活などが原因で不要物の排出が滞りリンパ腺などに膿がたまりますので、流れが悪くなります。

塩分の取りすぎ

現代社会では、塩分は心がけねば、つい摂りすぎてしまいます。その結果、血圧が高くなり、血流が悪くなることから、リンパ腺の流れが滞ります。

加齢

人は年齢とともに細胞の活力の衰えます。その結果リンパ管も硬くなり、流れが悪くなります。

リンパの流れが滞ると体の余分な水分を回収することが出来ないので体が浮腫んだり、免疫機能が低下して老廃物や細菌などの有害物質を分解・浄化する機能が弱くなって体調不良や、時に病気を引き起こす原因になってしまうこともあるのです。

では、リンパの流れをよくする簡単な方法はあるのでしょうか?

首の簡単リンパマッサージ

体の中のリンパ節のうちで、最重要な所が左の鎖骨のリンパ節。全身を流れるリンパ液のほとんどがここで静脈流と合流して心臓に戻ります。
マッサージ前にこの流れをスムーズにしておく事が大切です。人差し指と中指で鎖骨を挟むように左右にマッサージしましょう。

次に鎖骨の下を手のひらを広げて外に外にながしていきます。特に左側は念入りに。そして首の根元から鎖骨に向けてもんでおくと顔のむくみに効果があります。くれぐれも「優しくなでるように」流してあげてください。

首周りは大きなリンパ節が沢山あります。大まかなリンパ節の場所を意識して流して行くと、顔のむくみなどに役立ち、小顔効果抜群です。

そして、リンパマッサージの効果を最大限に引き出すための前準備も大切です。

まずコップ1杯の水を飲みましょう。リンパの濃度が薄まり流れが良くなります。そして、入浴中・入浴後にリンパマッサージ。体があたたまり血行が良くなっている時は、リンパマッサージを行うのに最適です。

入浴中にマッサージするだけでなく、リラックスした状態で行リラックスした状態で行うことでリンパが緩みます。音楽、アロマなどでリラックスできる環境になるように工夫してみましょう。

リンパの流れをよくする食べ物

抗酸化力が高まるベータカロチンやビタミンCが豊富な「野菜」はリンパの流れをスムーズにしてくれる効果が見込めます。特に、積極的に摂りたいのは人参やブロッコリーなどの緑黄色野菜です。カルシウムが豊富な「海藻類」も必須。昆布やわかめ、ひじき、海苔など、気にかけて毎日摂るようにしましょう。

「青魚」は身体に必要な必須脂肪酸がより多く含まれています。必須脂肪酸、脂肪と付く名前なので身体に悪いのでは?と思いがちですが生活習慣病の予防にも効果的です。アンチエイジング効果があると言われている鮭にも、必須脂肪酸が多く含まれています。

たんぱく質とマグネシウムが豊富に含まれている「豆類」も簡単に摂りいれることのある食材です。

ピーナッツやアーモンドなど、そのままでも手軽に摂れる豆類から、大豆から作られている豆腐や味噌、納豆まで色々な豆類を均等に摂れると理想です。食事では大豆製品を、小腹が空いた時には手軽に食べられるピーナッツやアーモンドを何粒か、と上手に取り入れていきましょう。

クエン酸を多く含む「果物」もリンパの流れを良くします。グレープフルーツやレモン、キウイ、パイナップル、イチゴなどにクエン酸は多く含まれています。

ラーメンやスナック菓子、ファストフード全般、インスタント食品は逆にリンパを滞らせる食べ物なのでNGです。
アルコールやカフェインの多い飲み物も一日に飲む量などを決めると良いかもしれません。

「リンパの流れは若さをつくる」とも言われています。要らないものはすっきり流して健康に若々しい体になりたいですね!

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

気圧の変化と心身の関係とは?

ジョギング

夏場のジョギングの注意点

オキシトシンと恋愛

ため息をつくと幸せが逃げる?!

耳掃除あなたの頻度は!?耳垢アレコレ

ストレッチで肩こり・腰痛予防