一目惚れの仕組み

一目惚れの仕組み

一目惚れとは、一目見ただけでほれてしまう、恋に落ちてしまうことをいいます。男女問わず、一目惚れする場合はあると言われています。

今回は、この「一目惚れ」の仕組みについて見てみましょう。

人が恋をする時には、脳内でも変化があります。脳では、言語や体を動かす、思い出などを記憶するなどさまざまな役割を担っていますが、恋をする時には、脳から興奮作用を引き起こすホルモンが分泌されることになります。

一目惚れの場合には、このホルモンがかなりの短時間で脳内に広がるため、幸福感を味わえるような作用を引き起こすと考えられています。そのため、異性を一目みただけで、一緒にいると幸せになれると感じ、好意を抱くといわれています。

男性と女性では、一目惚れをする場合に多少違いがあると言われています。

男性の場合には、異性の外見などから判断して恋に落ち、女性は、外見から内面の性格などを想像することで判断し恋に落ちると言われています。また、女性の場合、男性のフェロモンに敏感であるようです。

その他にも、自分に持っていない特徴などを持っている異性に魅力を感じる傾向があり、これは、女性が子孫を残すという本能的な要因が強いといわれています。自分の持っていないものを補い、適応能力の高いさまざまな環境でも生きていけるような子供を宿せるためと考えられています。

恋をする場合には、相手と一緒にいたいという想いがあるから、恋につながります。一目惚れの場合には、その思いが一瞬で判断できるほど想いが強い状態です。そのため、一目惚れの場合には、その後恋愛が長続きする方や結婚まで行き着く方が多いともいわれています。

初めて出会った異性に一瞬で恋に落ち、結婚することができる人は、幸運な人なのでしょう。

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

薬の飲み方

薬の飲み方〜飲み物・食べ物との相性

花粉症-スギ花粉の時期に

ヨガ

ヨガで冷え性改善

お餅は太る?お餅の意外な効果

秋の目の疲れには

効能別!ハーブティーの選び方