三年番茶とは?

三年番茶

三年番茶とは?

健康食品店に行くと、必ずと言って良いほど並んでいる「三年番茶」。

マクロビオティックを学んでいる方は「三年番茶」を愛飲されている方も多いはずです。

ご存知ない方の為に「三年番茶」とは?

通常、煎茶やほうじ茶は新芽を使用しますが、三年番茶は三年間熟成したものを使用します。
なので「三年番茶」なのです。

新芽にはカフェインやタンニンがいっぱい含まれているのに対し、三年番茶はその刺激成分が抜けているため「まろやか」で優しいお茶の味がします。

三年番茶はカテキンも抜けてしまうのでは?
と思われる方もいるかと思いますが、三年間熟成してもカテキンは抜けずしっかり含まれていますし、ビタミンCがプロビタミンCと言う、「熱に強い」成分に変わるため美肌作りに大変効果的なのです。

三年番茶の飲み方は?

三年番茶の飲み方のおすすめは、

煮出して飲む

煮出しても渋くならず、まろやかな味です。

急須で淹れて飲む

スッキリ味で冷やして飲むのもおすすめです。

梅醤番茶

淹れた番茶に梅干しと醤油を少々。寒い時にスープ代わりとして飲みましょう。

三年番茶の効能

三年番茶には胃腸を整えてくれる作用 があり、食欲不振にも効果的なので風邪を引いた時や、忘年会・お正月・新年会など飲食で疲れた胃腸にはもってこいのお茶なのです。

しかも、三年番茶は抗酸化力にも優れており、コップに入れた三年番茶に対し1%の塩を入れて「うがい」をすれば喉の調子や風邪予防にもなります。

このように色々使える「三年番茶」。

ちなみに私は「どくだみ茶」とブレンドして飲んでます♪

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

接触性皮膚炎とは?

身土不二とは?

ホットヨガとヨガの違い

ビューティミルクとは?

注目のメープルウォーターとは?

恋愛

幸せホルモン「オキシトシン」