知って得する!「乗り物酔いの治し方」

年末になると帰省や旅行で乗り物に乗る機会が増えますよね。

みなさんは「乗り物酔い」の心配はありませんか?

「乗り物酔い」とは

その名の通り、乗り物に乗って眩暈や吐き気、気分が悪くなる・・・など
人によって違う症状が出るようです。

しやすい人から全くしない人、様々です。

では「乗り物酔い」はどのような原因でなるのでしょう。

乗り物揺れや体に加わるスピードの変化、上下・左右・回転によって刺激を内耳が受けるとその情報が脳へと送られます。

いつもと慣れない刺激が繰り返されると脳が混乱して自律神経に異常な信号を送ってしまいます。

そこで起こってしまうのが

「乗り物酔い」

の症状なのです。

楽しい旅行なのに気分悪くなりたくないですよね。

「乗り物酔い」にならない為の対策はあるのでしょうか?

普段からブランコやシーソーなど体にあらゆる方向の動きに慣れるための運動をするとよいと言われております。

乗り物酔いしやすい方は以下のことに注意!

  • 前の日は十分な睡眠をとる。
  • 船は中央部に、バスなら前から4~5番目に乗る。
  • 乗り物内では換気をよくする。
  • 本や雑誌は読まず景色をみる。
  • 気分をまぎらわす。

そして酔ってしまったら

● 衣服やベルトをゆるめる。
● 腹式呼吸をする。

少し車から降りて休憩するのもいいですね。

「乗り物酔い」しやすい方はしっかりと乗り物酔い対策を立てて楽しいお出かけにしたいですね♪

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

動的ストレッチの効果

外反母趾になりやすい人とは

タイプ別で見る口臭ケア

睡眠

睡眠の質を改善しよう!

運動と筋肉痛

ヨガ

寝る前にオススメのヨガポース