五月病って?その対処法とは

五月病と対処法

4月,5月は進学、就職、配置転換などで環境が大きく変わる季節です。
新しい環境にうまく適応できず、あるいは適応しようと頑張りすぎて、うつ的な状態になることを

「五月病」

と言っています。

大学に入りたての新入生や新社会人で5月頃に多く見られる「五月病」は、新しい生活がひと段落する5月頃に、知らずしらずのうちに蓄積されていた心身の疲れや、新しい環境や人間関係などについていけないストレスのせいで、やる気が出ない、ふさぎこんでしまうなどの状態になることをいいます。

また、6月は6月で、新社会人の場合は、新人研修などが終わって実際の仕事を始めた後の6月頃に見られることが多いため、「六月病」などと呼ばれることもあるそうです。

~ 初めての一人暮らしや時間の使い方の変化など、新しい環境についていけない ~

  • 新しい人間関係が思うようにいかない
  • 入試・入社といった大きな目標を達成した解放感など大きな目標を達成したことにより、次の目標を見失ったり、混乱したりするなど
  • 想像していた新生活と現実のギャップについていけないなど

更に、身体的にもこの季節は急激な気温の変化など「自律神経」が乱れやすい月でもあり、精神面に多大な影響を与えてるのが5月なのです。

五月病・六月病になりやすいタイプって??

真面目すぎる人や頑張りすぎる人は、環境に過剰に適応しようとして自分を抑え込んでしまいます。その結果、大きなストレスを感じてしまい、発症しやすくなります。

この「五月病」や「六月病」、実は病院などで使われる正式な病名ではなく、きちんとした定義もないことがわかっています。

医学的に考えると、このように 環境の変化についていけないことで起きる精神疾患として「適応障害」というのがあるのですが、適応障害は 5月だけでなく、人によっては夏休みを終えた 9月頃に発症するなど、その発症は季節を限定しないのが特徴です。

では、「五月病」「六月病」になりやすいタイプっていったいどんなタイプなのでしょうか??

  • 大人しい人
  • 内向的な人
  • 几帳面で真面目な人
  • 手順をきちんと踏まないと気が済まない人
  • 気配りをする人
  • 忍耐力がある人
  • 感情を抑え表に出さない人
  • 何かをするときに全力で取り組む人
  • 完璧主義な人

そもそも「五月病」だけでなく、うつ病にもなりやすい体質の人に多いみたいですね。

新しい仕事に新しい人間関係、何でも完璧にこなせる訳がありません。
「イメージしていることの8割できれば上出来なんだ」というような気持ちでいられれば「五月病」にならないのでしょうが・・・。

転職を繰り返す人、「五月病」にかかりやすい人は、新しい環境への適応能力が低い、と言われています。

これは、脳内物質であるドーパミンが少ないために起きてしまう現象です。
幼少期の環境も影響されている場合も多いらしく、あれもダメ、これもダメ、と言われて、新しいものへの 興味や探究心をそがれていると、ドーパミンが発生しづらくなるようです。

なので子供の頃に、何でも挑戦して、楽しんでいた子供の方が、「五月病」にかかりづらく、新しい環境にも慣れやすい、ということが言えます。
とはいえ、自分がこのような環境だったからとか、性格だからと言って気にする必要はありません。環境に慣れることで、症状が改善されることもあります。

ストレスを発散することや友達、家族に相談することでも気分を楽にすることができます。そして、疲れを感じたら、無理をせず、ゆっくり休むことも大切です。

このような対策をしても、症状に変化がないのであれば、専門の医師に相談して医師の判断に頼るというのも一つの手ですよね。

5月は新年度や新学期に引っ越し・就職などで変わった環境に何となく慣れてきたように思える月ですが、心の中ではまだ人間関係・仕事の流れに乗っていないのかもしれません。

  • リラックスする時間を無理にでも持つこと
  • 栄養バランスの取れた食事を心掛けること
  • 質の良い睡眠を摂ること

そして、休日を有意義に過ごすこと

これらに注意して「五月病」に負けない心身をつくりましょう♪

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

熱中症の特徴と対策

アロマオイルで楽しく大掃除♪

冬にかかりやすい病気・感染症

身体を温める飲み物

身土不二とは?

脚のダルさ・重さを解消!簡単ケア