1日の終わりに!体をOFFにするストレッチ

夜,ストレッチ

毎日お仕事お疲れ様です!

「疲れたなぁ~」って思った時、みなさんはどうやって発散していますか?

前回は朝起きた時のストレッチのお話をしました。

【参考記事:寒い日の朝、おススメ♪ストレッチ

1日の始まりに、体をONにするイメージで、かつ、簡単な動きでできるもの。

今回はその逆、1日の終わり、寝る前にするとスッキリ寝られる、体をOFFにするストレッチ です。

1日ONモードで頑張った自分。そのままでも寝られますが、頭や身体が興奮状態にあるとなかなか寝付けません。また明日頑張るために、今日1日フル回転した頭や身体をOFFにしてあげましょう。

では、体をOFFにするストレッチの方法です。

  1. 背骨をまっすぐに寝る。手のひらは上で大の字になる。
  2. ここで大きく深呼吸。
    たくさん吸って、吸って、吸って、その息を思いきり吐く! この時に、吐く息と共に、今日の疲れやイライラなど、体に悪そうなものは出してしまうイメージで!

これを2、3回繰り返します。

前回の朝起きた時ストレッチの話に続き、今回も深呼吸が出てきました。

でも、なぜ、深呼吸なんでしょう?

人間は生きていくために最低限必要な呼吸を無意識にしています。
疲れがたまったり、ストレスがたまったりすると、この呼吸が浅くなってきます。そして息苦しさを感じたり、血行が悪くなったりします。
すると、体調にも影響してきます。

呼吸は当たり前にしているものだけど、とっても大切なんです。

なので、1日1回は肺をパンパンにするイメージでたくさん吸って、今度は肺をしぼめるイメージでたくさん吐く。
ということをぜひ試してみてください!
呼吸をするのが上手になってきます。

酸素がたくさん入った血液が流れることで、体がリフレッシュします。

朝起きる時でも、寝る前でも、運転中の信号待ちでも、深呼吸は何の用意が無くてもいつでもできるので、とってもオススメです。

関連記事

疲れた胃腸を整える食材を摂ろう

「足三里」のツボで胃腸の働きを整えよう!

ヨガ

腰痛に効くヨガのポーズ

重曹で白い歯輝く歯

寒い季節になりやすい「便秘」

冬にかかりやすい病気・感染症