健康な身体作りに大切な腸のお話

腸はただ食べ物の栄養を吸収し、便として排泄するだけの器官だと思っていませんか?

実は「腸は第2の脳である」 と言われています。

「腹黒い」とか
「腹に一物を持つ」とか
「腹を据える」など

日本人は、思考とお腹とを結びつける習慣があるようです。

「考える器官」として活躍してくれる腸。

腸の中に入ってくるものには、身体にとっていいものも悪いものもあります。腸は、何が身体に良くて何が悪いのかを記憶することができるのです。また、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」の95%が腸で作られているという研究報告もあります。
さらに、腸は多くの神経や血管が集中している器官でもあります。ですから緊張やストレスが強いとその影響をもろに受けやすいのです。

腸が脳からの指示がなくても、自分で判断をすることができる唯一の臓器。

腸は腸自体に判断機能があるため、傷んだ食べ物を食べたりすると、お腹をくだしてしまったりします。
また、交通事故などで脊髄を損傷しても、脳が働かなくなって植物人間のように脳死の状態になっても、正常に働き続けるすごい臓器なのです。

さらに近年の研究により、やる気や幸福感につながる脳内の神経伝達物質「セロトニン」が実は脳にはたったの 1割しかなく、「残りの 9割が腸にある」ことが明らかになりました。

仕事や学習、また家事や育児で忙しく過ごす私たちは、交感神経が優位となる時間がどうしても長くなりがちです。でも、交感神経優位の状態が続いてしまうと、自律神経が乱れ体への負担が大きくなり、当然胃腸の働きにも影響が出てきてしまいます。

ストレスによる下痢や便秘も、つまりは「自律神経の乱れ」

交感神経と副交感神経、この2つの神経のバランスが崩れ自律神経が乱れると、自律神経失調症や神経性による胃腸不良(下痢・便秘の繰り返し、胃炎など)や胸やけ、難聴など心と体に様々な影響の原因となります。
自律神経は基本的に意識してコントロールできるものではないので腸を良くすることで、バランスをとることがとても重要なのです。

免疫機能のなんと約 6割が腸内に存在しており、腸は体内にありながらも、外界からの病原体の侵入をくい止める最大の免疫器官と言えるでしょう。

~ どのような方法で腸内環境をよくできるのか? ~

腸内環境を整えるには食事も大切ですが、リラックスタイムにいち早く副交感神経を優位に立たせ、自律神経のバランスを整わせることができれば腸や胃を活発に動かせることができます。結果、腸内環境もよくなり「ストレスレス」な生活も送ることができるわけです。

では、副交感神経を優位に立たせるにはどうしたらよいのでしょう?

仕事の休憩中や寝る前に以下のことを試してみてください。

  • 腹式呼吸~深い呼吸をすることにより体全体に酸素を回します。
  • 湯船につかる~シャワーだけでなく、湯船につかることで体の緊張がほぐれリラックスにつながります。好きな香りの入浴剤などを使用すると、アロマテラピーの作用でさらにリラックス効果が期待できます。
  • ウォーキング~自律神経の調子を整え、からだだけではなく脳の血流量もアップするため、脳の疲れをとる作用もあります。
  • ティータイム~コーヒーの香りとカフェインがリラクゼーション効果を高めてくれます。紅茶にもカフェインが含まれているので、ストレス解消効果が期待できます。

腸内環境を改善し、腸の働きを向上させるほか、副交感神経のレベルをあげることでより健康な体作りを目指しましょう!

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

「ツボ」で口臭予防

ダイエット

便秘の解消とデトックス効果

やる気が出ない時はどうする?

夏バテに効くツボ

疲れた胃腸を整える食材を摂ろう

足汗、足のニオイをなくす方法