免疫力アップに!美容に!お灸の効果

かつては「お灸=お年寄りがするもの」のイメージがありましたが、1人でも簡単にできるうえに、煙の出ないタイプ、アロマの香りがするタイプなど、さまざまな種類のお灸が発売されていることから若い女性の間でひそかな人気となってきており、お灸をする人が増えてきています。

~ お灸とは? ~

お灸とは「もぐさ」などで作ったお灸を経絡などの特定部位に対し温熱刺激を与えることによって、体の不調や痛みなどを改善することを目的とした「伝統的な治療方法」です。
約3000年前に中国で発明され、その後、遣隋使や遣唐使によって日本にもたらされたとされる非常に歴史のある民間療法です。日本の古典文学にもたびたび登場するなど、その昔から庶民が気軽に利用した治療法でした。

「もぐさ」とはヨモギ属の草木の茎葉を乾燥させよく搗いた綿状の繊維のこと。

「お灸をすえる」なんてよく聞く言葉ですが、これは一般的に治療行為として「もぐさ」を皮膚の上で燃やすこと、お灸の熱さに辛抱しなければならないことから「権威をもった人による懲らしめ」という意味として使われるようになったそうです。

お灸の種類は「有痕灸:(ゆうこんきゅう)」と「無痕灸:(むこんきゅう)」に分けられます。

有痕灸とは
直接皮膚の上にお灸を燃焼させる方法。体に対し強い温熱刺激を与えます。

一方、無痕灸とは
痕を残さず心地よい温熱刺激を与えるものです。

皆さんが一般的にお灸と思っているものはもぐさを治療点、つまり皮膚から距離をおいて燃焼させる「温灸」のこと。有痕灸のお灸はしばしば火傷の瘢痕を残すので、それを嫌う傾向が近年では増加したり、苦痛的治療が徐々に避けられつつあるみたいです。

~ お灸の効果・効能とはいったい何? ~

お灸は、さまざまな症状に効果を発揮します。身体を温め、血流を促すことで改善できる症状は、意外と多いもの。お灸は自律神経に働きかけ、内分泌などに影響を与えることが確認されています。
お灸を施したところから出る「加熱蛋白体ヒストトキシン」が、血液の中に吸収されて白血球が増加し、その結果、からだの免疫機能が高まることが認められています。

灸の温熱で皮膚表面のたんぱく質が変化し発生する化学物質、これがヒストトキシンです。

お灸は、赤血球を増やし血流を良くする増血作用、そして血小板の働きを良くし、治癒を促進させる止血作用、また、白血球を増やし、身体を外敵から防御する強心作用があります。

体の異常な緊張からくる不眠な方にも効果的。自律神経を整え、お灸でゆっくりリラックスでき深く眠れる体にしてくれます。

美容にも効果的なお灸は、全身の血流を促し身体を芯から温めることができるため、お顔の血色が改善し、くすみを取り去ります。

また、水分代謝も高まるため、余分なむくみやたるみがすっきりとし、お顔が引き締まるように感じる方も多いと思います。また、継続して治療を行うことで、全身の血流が改善すれば、くまやくすみが出来にくくなります。

お灸で、健康になり、美容効果も得られるなんて、ちょっとうれしいですね。

ドラックストアなどで簡単に手に入ることができるお灸。様々なタイプが販売されていますが初心者の方は熱さのやわらかいものから初めてみてください。

不調の改善のほか、癒し効果もあるお灸を、生活に取り入れてみるのもいいかもしれません。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

睡眠

睡眠の質を改善しよう!

花粉症治療法-スギ花粉最新治療

口呼吸の改善法

レモングラス,ハーブ

レモングラス~美容健康の効能とは

話題の「ユルム茶」とは?

「現代型免疫低下」とは?