冬場のジョギングの注意点

ジョギング

冬場のジョギングの注意点

今回は「冬場のジョギングについての注意点」について見てみましょう。

冬場のジョギングというのは気温も低いのでやりやすい時期だといえますが、その一方で寒さによる体の負荷も大きくなりますので、注意点を守って楽しむことが必要です。

まず、寒いと体が硬くなってしまいやすいので急に負荷をかけると怪我をしてしまうおそれがあるため、入念なウォームアップは欠かすことができません。

暖かい時期であればいきなり走り出して、走っている中で体を徐々に慣らしていくということもできますが、冬場ではそれすらも大きな負荷となってしまって怪我の原因になってしまうことがありますから、暖かい室内などで十分にウォームアップをするなど準備運動をしてから行うようにしましょう。

次に、脱水症状に気をつける必要があります。寒いとあまり汗が流れないように感じるかもしれませんが、それだけに気づかない内に脱水症状になっているということも少なくありません。それまで快調に走っていたのに突然具合が悪くなってしまってダウンしてしまうといったこともありえますから、冬場といっても水分の補給はこまめに行うようにして脱水症状に気をつけるようにしましょう。

気温が低いと体温が上昇しづらいので走りやすいものですが、冷たい空気は喉などの気管支に負担をかけることになります。

そのため、走りやすさに任せて普段以上のペースで走っていると気管支に負担がかかり呼吸困難に陥ってしまうということもあるので、注意が必要です。対策としてはこれもウォームアップをしっかり行ったり、あるいはマスクを着用して過度に気管支に負担をかけないようにする、気管支拡張薬を使うといった方法があります。

冬場は雪が降ることもありますが、積雪があると滑りやすく転倒をしやすくなってしまうので気をつけなければなりません。滑りにくい靴を選んで履いたり、できるだけ雪が積もっていない場所を選ぶことも大切です。

無理に外で走るのではなく積雪があった場合には、室内のジョギングコースがあるジムや体育館などの屋内で走るというのも良いでしょう。どれだけ気をつけていても滑りやすい路面を走っていると転倒の危険性がありますから、費用的な問題がないのであれば室内で走ることができる場所を探したほうが安全だといえます。

冬場のジョギングは気温が低いことから走りやすい所も多いのですが、その一方で寒いことによる体の負荷が大きかったり、積雪による走路の不良などがあります。十分に注意をして行ないましょう。

関連記事

ジョギング

ジョギングで運動不足解消に最適な距離は?

スズメバチの正しい駆除方法

おうちで簡単♪セルフマッサージ【デコルテ編】

恋愛

「恋愛と脳」の関係

肩こり

肩こりと姿勢の関係

春の体内時計を整えよう!