初夏の紫外線対策

日焼け

初夏の紫外線対策

5月の紫外線の強さは真夏の紫外線より、一年の中で一番強いと言われています。

そもそも紫外線とは、地球上に降り注ぐ太陽光線の一種(電磁波)のこと。
紫外線対策は、本当は4月から始めるのが大切なのですが、今からでも遅くありません!

お肌も髪の毛にも・・・人間にとって大敵な紫外線。

紫外線って、降り注ぐのは、晴れの日だけじゃないことをご存知の方も多いと思いますが、曇りや雨の日も 紫外線は出ています。

5月の紫外線が強いわけ

紫外線には「UVA」「UVB」「UVC」と3つの種類があります。
このうち UVC は大気圏で吸収されて地面まで届くことはないので、紫外線として我々が気にするのは、地上に届く残りの二つ「UVA」と「UVB」です。
そして、紫外線の約9割は「UVA」であり、紫外線の UVA が最も多いのが5月。

UVA は肌の表面だけではなく、奥底まで届いてしまうため、皮膚のコラーゲンなどを破壊し、皮膚の免疫力も低下させます。そのため、肌が黒くなる日焼けやシミ、肌のたるみなどに大きな影響を及ぼすのです。

日焼けしないためにはどうしたらよいのでしょう?

それは「UVA をしっかり防ぐ」ということ。

そして、その UVA が最も多いのが5月ですから、紫外線対策が一番必要なのも 5月。UVA は怖いことに窓ガラスなども通りぬけるので、車に乗っている間もどんどん日焼けしてしまいます!!

5月はまだ夏じゃないから大丈夫なんて油断してはいけません!
5月の紫外線は一番危険ということなのです!

紫外線注意報の時に役立つグッズとは?

昔は強面を強調するアイテムというイメージが強かった「サングラス」、今やすっかりファッションアイテムのひとつとして定着してきました。

ですが、実はサングラスには“美肌”にも一定の効果があるのをご存じでしょうか?
紫外線は肌の露出した部分だけでなく、目から受けても「シミの元」になるというのです。これが事実だというのなら、今のうちからもっとサングラスを活用すべきですよね。

人間は目から紫外線を受けることで「日焼けをしやすくなる」ということ。これは目が紫外線によってダメージを受けたという情報が脳に伝わり、体内にメラニン色素がつくられやすくなるため、日頃から紫外線を浴びている人ほどこうした反応を起こしやすく、メラニン色素が生成されやすいので、色も黒くなりやすくなりやすく、日焼けして炎症を起こしやすい人ほど、メラニン色素が残ってシミになりやすいといいます。

ということは、できるかぎり美白を目指そうと思ったら、メラニン色素をなるべく発生させないよう、日頃から日焼け止めを気になる各部位に塗り、そして「サングラスで眼球を保護する」のが一番!なのです。

日焼けは何となく悪いものととらえがちです。

ですが、「日焼けは、人間が持つ防御機能のひとつである」という点は忘れてはなりません。

紫外線による細胞破壊は、がんなど様々な異変の原因となります。
メラニン色素はそうした破壊から身を守る役割を持っていますから、適度な日焼けというのは健康面では決して有害なことではないそうです。

美容面では悪者にされてしまいがちなメラニン色素ですが、あくまで体を守るためにつくられるものであるということも頭に入れておきたいですね。

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

ラベンダーアロマオイル

大人ニキビにラベンダー!?

春の肌トラブル対処法

爪のケア,ネイル

疲れてしまった爪のケア法

春のスキンケアポイント

風呂,バスタイム

美容に効果的-デトックス汗を出す入浴法

お肌のくすみ・シミにアロマオイルケア