呼吸器を整え花粉症対策-ヨガ「魚のポーズ」

ヨガ

呼吸器を整え花粉症対策-ヨガ「魚のポーズ」

ヨガの「魚のポーズ(サンスクリット名・マツヤ・アーサナ)」
は自宅でも簡単にできるポーズです。

喉をそらすので、気管支や肺などの呼吸器系を強化してくれます。

しっかりゆっくり、呼吸を意識しながら行ってください。

ヨガは呼吸は「複式呼吸」、つまり鼻から吸って口から吐き出す呼吸をしながら行うのが基本です。

この呼吸をするだけで、内臓器官を活性化し、免疫力を高めることができます。

鼻から深く息を吸い込んで、その 2倍の時間をかけて口からフーッと吐き出すことを意識しながら、ヨガのポーズをするのが効果的です。

積極的に体を動かしながら、質の良い呼吸を深めることが快適に暮らすコツ。

胸周りを開いて縮こまった呼吸器を伸ばしてあげることで、日ごろのダルさも解消してくれます。

今回の「魚のポーズ」は

上半身を後ろに反らせることで喉や胸、背中全面を大きくストレッチ、呼吸が深まるのをサポートしてくれるほか、喉元の甲状腺を刺激することでホルモンバランス調整にも期待大です。

呼吸器を整え花粉症対策-ヨガ「魚のポーズ」

ヨガの呼吸法は「心の状態をあらわす鏡」などと言われています。
ゆったりのんびりとした心地の良い呼吸は、日中の疲れや緊張を癒しながら、穏やかさに満ちた精神状態へといざなってくれるはず。

仰向け姿勢で、気軽に胸を後屈させることができるポーズで、肘の少しの支えで胸を効果的に後屈させることができるため、クラスの後半、あまり身体を動かしたくないタイミングで、仕上げ的に行うのに適しています。

では早速ポーズをとってみましょう。

まずは、両足の内くるぶしと親指の付け根を合わせ、両脚を揃えて仰向けになります。

次に、両手をお尻の下に、手のひらを下向きにして敷きます。

腕を背中の下にしまいこむように肘と肘を胸の下で寄せ合わせ、ひと一息吐いてから息を吸いながら肘で床を押し付けるようにして胸を天井へ突き出していきます。

胸を開き、肩甲骨を軽く寄せ、首を長く伸ばした状態で5呼吸ほど深呼吸します。

魚のポーズの効果は、肩こり、不眠、気分をリフレッシュする、呼吸器系を活性化するほか、

  • 背中の引き締め・バストアップ
  • 首を長くする
  • 小顔効果
  • 便秘の改善
  • 姿勢改善
  • 生理痛の改善

そして、注目すべき効果が

花粉症改善に有効」だということ。

実際に毎日ヨガを続けることで花粉症が軽減したと感じる人もいらっしゃいますよ♪
「継続は力なり」 毎日少しずつ続けて花粉症を吹き飛ばしましょう!

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

「足三里」のツボで胃腸の働きを整えよう!

重曹入浴のススメ

「正しい水の飲み方」ってどんな飲み方?

ヨガ

ヨガのメリット・ヨガの効果

花粉症による蕁麻疹(じんましん)

ソイライス~豆乳の効果を美容と健康に