外反母趾になりやすい人とは

外反母趾になりやすい人とは

足の親指に痛みがある方は外反母趾かもしれません。

外反母趾の原因とは

外反母趾というと、ハイヒールなどの靴が原因と考えがちですが、それ以外にも、さまざまな原因があります。

横アーチの崩れ

外反母趾にならないためには、ある程度の筋肉が必要です。しかし現代人は、裸足で歩く機会が減ったことで、足裏への刺激が不足しています。また、乗り物の発達によって自分の足で歩くことも少なくなってきました。

そのため、足の指を動かす筋肉が低下したり、靭帯や筋も緩んだり弱くなったりしています。その結果、足の横アーチが崩れて開張足(かいちょうそく)になり、外反母趾が進行しやすくなるのです。

生まれつきのもの

外反母趾そのものが遺伝することありませんが、外反母趾になりやすい特徴が遺伝することはあります。外反母趾になりやすい特徴は、もとから骨をつなぐ靭帯がゆるい、足指が長すぎる、足指がハンマーのように縮こまっている、足指が上を向いているなどです。

このため、一般的に、両親や親族に外反母趾の人がいる人は、外反母趾になりやすいといわれています。また、足の裏に2つある種子骨が、生まれつき1つしかないという場合もあります。この場合も外反母趾になりやすくなります。

サイズ合わない靴やハイヒール

サイズの小さい窮屈な靴や先が細い靴は、足指を圧迫し、親指を変形させる原因になります。

大きすぎる靴は、靴の中で足が前に滑り、つま先が靴先に押しつけられる状態になりがちです。そのため、骨の防御反応で余分な骨がつくられ、親指のつけ根の骨だけが異常に出っ張る外反母趾になりやすいといわれています。

さらに、ハイヒールのようにかかとの高い靴は、足の前方に体重が集中し、足の横アーチを崩す原因になります。横アーチとは、足の5本の指の下を横断する弓上のラインです。このアーチがバネのように機能することで、歩くときに足に加わる衝撃を吸収したり、足指で地面をしっかり踏みしめたりすることができます。

横アーチが崩れると、足が横広がりになる開帳足になることがあります。開張足になると、親指が足の外側に回旋し、親指全体が外側に傾きやすくなります。

歩き方、立ち方

ペタペタ歩きのように、親指を蹴り出さない歩き方をしていると、親指の筋力が衰えてしまいます。

筋力の衰えた足指は、靴の中で押される方向に変形しやすくなります。また内股の人も、重心が親指のつけ根にかかりやすく、負荷を受けた親指が徐々に変形することがあります。

体重の増加

足が体重を支えられなくなると、足のアーチが崩れてしまうので、結果的に外反母趾に進行する可能性が高くなるといわれています。

特に急激に体重が増加すると、足に大きな負担がかかるので、外反母趾などの足のトラブルが進行しやすいです。

つま先の形

つま先の形は、「エジプト型」「ギリシャ型」「スクエア型」という3つのタイプに分類できます。

  • 【エジプト型】親指がもっとも長く、小指に向けて短くなる形です。日本人には、このタイプが多いといわれています。
  • 【ギリシャ型】人差し指がもっとも長い形です。
  • 【スクエア型】親指から薬指までの4本の指がほぼ同じ長さで、四角に近い形です。

このうちエジプト型は、外反母趾になりやすいと言われています。

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

オリゴ糖

オリゴ糖で生活習慣病予防

十分な水分補給してますか?

インフルエンザを予防するには

ファスティングの健康効果

胸鎖乳突筋で猫背と首コリを改善

やる気スイッチ!おなかのツボ・気海