寒暖差アレルギーをツボで改善

寒暖差アレルギーをツボで改善

寒暖差が体調を狂わせる「寒暖差アレルギー」って聞いたことがありますか?

日中は暖かく夜は急に寒くなったり、寒い外から暖かい屋内に入ると鼻水が出てくる・・・

誰にでもこんな経験ありますよね。

それは、花粉のせいでもなく、風邪でもなく「寒暖差アレルギー」の可能性が大です。

寒暖差アレルギーとは?

寒暖差アレルギーとは、大きな寒暖差が鼻の奥を刺激して血管の太さを変えるため、鼻づまりや鼻水が出てアレルギーのような症状を引き起こすものです。

「寒暖差アレルギー」は身体が温度に合わせて調整するので自律神経が乱れることが原因。温度差が7度以上になると乱れてしまうと言われていて、筋肉量が少ない女性に多くみられます。

鼻水ぐらいであればまだよいのですが、「寒暖差アレルギー」は対策をせずに悪化してしまうと喘息になってしまうこともあるそうなので気をつけなければいけません。

寒暖差アレルギーの対処法

対処法としては処方された薬を飲む、乾布摩擦などいう方法もありますが、手首に寒暖差アレルギーをやわらげてくれるツボがあります。

それは「外関」というツボ。

手首にあるツボなので、腕まくりをすればすぐに刺激できます。

寒暖差アレルギーをツボで改善

場所は手関節から肘方向へ指3本分下がった位置にあります。親指腹で押してあげましょう。

「外関」のツボは、体をリラックスさせ、少し機能が低下気味の場所に働きかけてくれるので万能なツボと言われています。

寒暖差アレルギー以外にも、眼精疲労や頭痛などに効果的。

寒い場所から暖かい場所に入る場合は「外関」押しながら。
是非お試しください♪

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

「ツボ」で口臭予防

ヨガ

朝にオススメのヨガポース

ファスティング

食事と人間心理とは?

ヨガ

ヨガのメリット・ヨガの効果

炭酸水は身体&美容にいい?

朝のむくみ解消法