寝付きが悪い方にヨガ・ニードラ

ヨガ

ヨガは身体が柔らかくないとダメだとか、難しいポーズを行うなどのイメージが強いですよね。

「ヨガに興味があるけどとっつきにくい」なんて方におすすめの「ヨガ」が

この「ヨガ・ニードラ

「ニードラ」とはサンスクリット語で「眠り」を意味する言葉。

「ヨガ・ニードラ」とは、
屍のポーズ・シャバアサナと呼ばれる仰向けになり体と心をリラックスさせるポーズで行う瞑想のこと。

究極のリラクゼーション法」とも呼ばれています。

・寝ても疲れがとれない
・いつも無理しがちで頑張りすぎてしまう
・リラックスするのが苦手
・自分の欠点が目につき自分を好きになれない
・眠りが浅い
・精神的ストレスが蓄積されている

などの心身のバランスに働きかけてくれるので、ヨガ未経験の方でも簡単に道具なしで行えるのです。

では早速実践してみましょう。

仰向けに横になり
1%意識を保ち、99%は心身の休止・休息をさせることをイメージして、体と五感と呼吸に意識を向けていきます。

リラックスする音楽をかけたり、ヨガ・ニードラのCDやアプリを流すのも良いでしょう。

瞑想状態に入り心地よさを感じてください。

体の状態を
眠りに陥ちる前の完全にリラックスした状態を覚醒した状態で保ち、
潜在意識・無意識のところに恒常性(常に体の環境を快適な一定した状態に維持する)を取り戻します。

なんだか難しい?感じに聞こえますが

普段、私達は夢をみているときに自分の中にある情報・記憶を整理しています。

ヨガ・ニードラは脳を眠っている状態に持っていくことにより
自分が知らずにわずらわされている記憶や思考回路から解放され心の静けさを取り戻すことができます。

しかも、寝たままなので病気をしていても、ケガで体を動かせなくてもこの方法で心を鎮めることができるので、初心者の方でも取り入れやすいヨガなのです。

これを寝る前にすることで、眠りが不規則な方やもともと眠りの浅い方、不眠の方はかなり楽に眠れるようになります。

20分のヨガ・ニードラは4時間の睡眠に相当する

と言われるほど効果的で穏やかな活力が満ち溢れてくるはずです。

このヨガの注意点はただ1つ

気がついたら朝だった!ということがあるということ(笑)

いつでも寝ていい状態の時にすることをおすすめします。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

症状別胃腸薬の選び方

ヨガ

呼吸器を整え花粉症対策-ヨガ「魚のポーズ」

ビタミン不足が疲れの原因!?

スーパーフード「チアシード」の効果とは?

気圧の変化と体調の関係

ソイライス~豆乳の効果を美容と健康に