寝癖直しにアロマオイル

朝、鏡の前に立ってみると髪がボサボサ。。。

そんな経験誰にでもありますよね。
寝癖だけのためにシャワーを浴びるのもめんどくさいし、急いでるときの朝なんてとても大変。そんなやっかいな寝癖を直すにはどうすればいいんでしょう。

はねている毛先を濡らしがちですが、実は寝癖の原因というのは「根元」なので根本の方をしっかりと霧吹きなどで濡らしてから毛先の方を濡らしましょう。

濡らしてすぐに乾かしても、水分が髪の内部まで浸透してないので寝癖は直りません。なので 濡らしてから数分放置しておく ことが大切です。そして、髪を流したい方向に流しながらブローして髪の根元から乾かします。

蒸しタオルを使うのも1つの手です。

まず濡らしたタオルを軽く絞ってレンジで1分前後チンします。タオルを広げてみて湯気がふんわり出れば OK!
それを頭に巻いておけば寝癖が直っていきますので忙しい時には便利かもしれませんね。

直したい寝癖の根本の部分に蒸しタオルをしっかりあて、髪の毛がしっとりするまで待ってから乾かしましょう。そうすることでひどい寝癖も直ります。
この蒸しタオルは寝癖直しだけではなくパーマのウェーブ再生にも有効なので覚えておくと役に立つときがあるかも。

蒸しタオルにアロマオイルを一滴プラスすると更に気分もリフレッシュすることができますし、夜中汗をかいてしまって頭皮のニオイが気になるなんて方にもオススメです。

そこで、手作りのアロマスプレーを作ってみるのはいかがでしょうか?

手作りのアロマのヘアスプレーは、とっても簡単で髪に優しく、一度レシピを覚えれば気分によってお好みのエッセンシャルオイルを選べます。
手作りだから、添加物や合成界面活性剤などを使わずに、ナチュラルでお子さんにも安心して使えます。

毎朝の寝癖直しにもぴったりのアロマヘアスプレー。

早速作ってみましょう。

<手作りヘアスプレーの作り方>

・精製水:200ml
・植物性グリセリン:10ml
・クエン酸:2g
・お好みの精油:2滴

  1. スプレーボトルに精製水を入れます。
  2. まずグリセリンをボトルに入れ、お好みのエッセンシャルオイルを垂らして混ぜます。
  3. そこに精製水に加えます。
  4. クエン酸も加えてよく振って混ぜます。

※保存は冷蔵庫が安心です。
※使うたびに振り混ぜてからスプレーしましょう。

クエン酸は髪のphを整えてくれ髪をいたわります。
髪のキューティクルは、酸性には強くアルカリ性には弱い性質があるため、pH値を酸性にして髪に油分を補給してあげます。シャンプー後や朝にアルカリ性に傾いている髪を、クエン酸が弱酸性に戻してくれます。

グリセリンは髪にうるおいを与えてくれます。グリセリンの代わりに、椿オイルやアルガンオイルも保湿効果ありおすすめです。

オススメのオイルは

  • ラベンダー → デオドラント作用・健康回復効果・細胞成長促進作用
  • ゼラニウム → デオドラント作用・浄化作用・細胞成長促進作用
  • プチグレン → デオドラント作用・抗うつ作用
  • カモミール → 消炎作用・殺菌作用
  • イランイラン→ 消毒作用・強壮作用

お好きな香りをブレンドしても良いですよね。是非お試しください♪

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

花粉症にも!エルダーフラワー

睡眠

良い睡眠を取る方法〜part1〜

「口臭ケア」やり過ぎは悪化の原因!?

夜,ストレッチ

寝る前のストレッチは効果的

甘く見てはいけない「低温やけど」

熱中症の特徴と対策