「恋愛と脳」の関係

恋愛

恋愛と脳

恋愛中はびっくりするほど行動的になったり、感情の起伏が激しくなったりすることがあります。恋愛は心が動かされるものといった印象がありますが、実は脳が大きく関係しています。

恋愛中の脳は、意志の決定やコミュニケーション能力に関わっている前頭眼窩皮質の神経が活性化して、ドーパミンをはじめ色々な神経伝達物質の放出が高まるとされています。ドーパミンは目標を達成させるホルモンと呼ばれていて、疲労を減少させたり、幸福を強く感じる働きがあり、物事に執着して意欲を向上させる作用もある神経物質です。

フェニルエチルアミン(PEA)はチョコレートやチーズなどの食品の他、痛みを抑えるモルヒネや幻覚剤のLSDなどにも含まれる成分で、気分を高揚させる作用があります。恋愛に夢中になってしまうのは、ホルモン物質による中毒症状とも言われていて、実際に恋愛中の脳のMRI画像はドラッグ中毒と同じ状態になっていたという報告もあります。PEAには食欲を減退させる働きもあるので、好きになりすぎて食事が喉を通らなくなる状態になると、自然に痩せてきれいになるといった効果も出てきます。

恋愛したての頃のドキドキ感が永遠に続かないのは、PEAの分泌が徐々に減少してくることが原因の一つとされています。恋愛が成就してPEAの分泌が減ってくると、気分がハイになって盲目状態だった心が冷静さを取り戻し、今までは目に入らなかった相手の欠点が気になってしまうこともあります。

スキンシップで分泌が高まるエンドルフィンオキシトシンは、緊張や不安の入り混じったPEAとは違って、親密な関係を築いて幸福感と癒しが得られるホルモンです。見つめ合うだけでも分泌されるのですが、オキシトシンは分泌量が増えてしまうと独占欲が出てきて嫉妬心が強くなることもあります。恋愛関係を長続きさせるには、脳から分泌される複数のホルモンとうまく付き合っていくことが大切です。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

胃腸の夏バテにならないために

外出時におすすめ!アロマスプレーの作り方

休日の朝寝坊はしてはダメ!?

通勤途中に簡単にできるツボ「合谷」

身体の不調に手の反射区・ツボを押そう!

座るときに足を組む理由とは?