接触性皮膚炎とは?

接触性皮膚炎とは

湿疹の一つ「接触性皮膚炎」とは、何らかの外的刺激が肌に接触することで、接触した部分に紅斑(こうはん)や丘疹(きゅうしん)、あるいは水疱(すいほう)といった湿疹を生じる疾患です。

「かぶれ」とも呼ばれ、接触した部分とそうでない部分ではっきりと境界が見えるのが特徴的です。かゆみや痛みをともなう場合もあります。

接触性皮膚炎は、さらに刺激性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎に分類されます。一時刺激性接触皮膚炎は、原因物質に触れることで湿疹を起こします。原因物質自体が持つ刺激や毒性によってかぶれるため、アレルギーに関係なく誰にでも起こるみたいです。

アレルギー性皮膚炎は原因物質に繰り返し触れることで湿疹が現れます。アトピー性皮膚炎と間違えやすいですが、複合的な要素を含み原因が複雑なアトピーと違い、接触性皮膚炎では原因となっている刺激を排除することで比較的容易に治療することができるそうです。

接触性皮膚炎の原因

一時刺激性接触皮膚炎の原因になる物質は刺激物や毒性のあるものです。毒性のある植物や虫の毒、強力なせっけんや洗剤などが挙げられます。アレルギー性皮膚炎の原因は人それぞれで、さまざまな物質が原因刺激となりえます。多いものとしては、植物、金属、化粧品、ゴム、シャンプー、衣類、外用薬が挙げられます。

一時刺激性接触皮膚炎、アレルギー性皮膚炎ともに、原因刺激に触れてから数時間以内に赤く腫れるなどの症状が現れます。

接触性皮膚炎のケア、治療法

湿疹が現れたら、原因物質を特定することが一番の予防策でもあり対策となります。数時間前までさかのぼって、原因となる物質を明確にすることが大切みたいです。アレルギー性皮膚炎の場合も、いつ、どんな時に、どこに湿疹が現れるのかを湿疹が現れる度にメモしておくと原因を特定しやすいと思います。

中程度以上の症状がある場合、原因の特定と並行して、薬剤による治療を行っていきます。治療法としては、ステロイド外用薬などの塗り薬と、かゆみが強い場合は抗ヒスタミン剤の服用が効果的です。

ケアとしては、患部をなるべく掻き壊さないことと、原因物質を避けながら、肌をなるべく清潔に保つ工夫をすることです。

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

血圧と高血圧

急性腰痛と慢性腰痛とは

ファスティング

プチ断食ダイエットとは?

ヨガ

ヨガとピラティスの違い

森林浴の効能とは?

新型栄養失調~現代の栄養不足