放っておくと危険!?突然の肩こり

現代人を悩ませ続けるもの、それは「肩こり」。
肩こりがひどくなると、頭痛や吐き気さえも引き起こしてしまいます。

肩こりの原因といっても、一般的な肩こりの原因である筋肉の疲労によるものから、病気が原因でひき起こされる肩こりまで肩こりの原因は人によってさまざま。

では、肩こりの主な原因とは何なのでしょう。

  • 無理な姿勢などからおこる肩こり
  • 肩こりのおこしやすい体つき
  • 心因性のストレス
  • 眼精疲労・目の疲れ
  • 背骨・関節の異常

その他では、冷え性や運動不足、更年期障害・体をキツクしめつける服・下着・ネックレス、イヤリング等のアクセサリー類・歯のかみ合わせによるものなど・・・。

更に女性だと、妊娠であったり女性特有の病気も肩こりを起こす原因になります。

~ 突然の肩こりは注意が必要? ~

通常の肩こりは少しずつ肩にこりが溜まっていくのですが、まれに「急な肩こり」になることもあります。

例えば、前日に寝違えたことによって急な肩こりが起きることもありますし、長時間肩の筋肉に負担をかける姿勢をとっていたために起きることもあります。でも、これらはただの筋肉痛なので、普通は数日安静にしていたら自然に肩こりはなくなっていきます。

また、夏場だと、冷房をかけている部屋で過ごすことも多くなっていますので、外の熱い外気から冷えた室内に移動することによって肩の筋肉が強張って急な肩こりになることもあります。このような場合は室内に入るときに冷房の温度を上げるか首や肩が冷えないようにスカーフなどをするのがいいでしょう。

また、冬場であっても急な温度変化に血流が滞る場合があります。この場合、なるべく肩に温度差を与えないように心掛ければ症状は緩和されます。

でも、普段から肩こりには無縁で突然肩こりが起きた場合には注意が必要がある場合もあります。たかが肩こり・・・と、あなどるなかれ。

一口に肩こりといっても、特に心配の要らないものから、病気が原因となって起こる肩こりもあります。

肩こりに伴う頭痛や吐き気・めまいなどの症状があらわれている特にそうですが、自覚症状がなかなか出なかったりすると病気に気付くこともできないので、急な肩こりなどを感じたり身体の不調を感じた場合には専門家に相談することが大切です。

肩こりは、肩や首の異常の他、「内臓疾患の鏡」と言われるほど、時として様々な症状を原因として現れます。

いつまでたっても症状が改善されない場合は、たかが肩こりとあなどらず他の病気を疑ってみることです。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

便秘解消・美肌にホットヨーグルト

ヨガ

冷え性・背中の疲れにコブラのポーズ

耳掃除あなたの頻度は!?耳垢アレコレ

ヨガ

呼吸器を整え花粉症対策-ヨガ「魚のポーズ」

疲れによく効く!緊急疲れケア法

風邪をひいたと思ったら