日焼けでシミになるのはなぜ?

日焼けでシミになるのはなぜ?

日焼けとは

日焼けはやけどの一種で、太陽光に含まれる紫外線の影響で起こります。紫外線が強まる4月から9月 までの 10時から14時が特に日焼けしやすく、紫外線で皮膚がダメージを受けて炎症を起こしたり、肌の褐色化が症状として表れます。

日焼けすることにより肌はダメージを受け乾燥し、シミやシワ、肌老化を早める原因に。日焼けをしたからといって必ずシミになるとは限りませんが、シミは一度できてしまうと改善が難しいため、白い肌を維持するためにも日焼けはできるだけ控えましょう。

シミの原因となる「メラニン色素」

太陽光を浴びると紫外線に対する防御反応が起こり、メラニン色素が発生します。このメラニン色素がシミの原因です。

メラニン色素は紫外線が体内に侵入するのを防ぎ、肌細胞を守るために一時的に生成されるもの。普通はターンオーバー(皮膚の新陳代謝)により角質となって排出されるのですが、紫外線をたくさん浴びた時や、老化などで皮膚中のメラノサイト(色素細胞)が異常を起こすとメラニン色素は大量に発生します。

そうするとすべてのメラニン色素をターンオーバーで排出しきれなくなり、一定量のメラニン色素は皮膚内に残ったままに。メラニン色素には黒色メラニン(ユーメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)があるのですが、皮膚に残った黒色メラニンがシミとなります。

日焼けでシミができる過程

太陽光を浴びる→紫外線が体内に侵入→皮膚の細胞破壊などを防ぐため、メラノサイトがメラニン色素を作る → 皮膚の奥にメラニン色素が発生 → メラニン色素が広がり紫外線を吸収します。

肌を守る → ターンオーバーによりメラニン色素は排出されますが、過剰に生成され排出しきれなかったメラニン色素は、皮膚の奥に残る → メラニン色素が皮膚に沈着する → ターンオーバーを繰り返し、皮膚に残っていたメラニン色素がシミとして肌表面に表れます。

日焼けによるシミの種類

・老人性色素斑(日光黒子)

紫外線の影響でできる、シミの中でも最も多いシミ。丸く茶色い形状で日焼けシミともいいます。

長年肌に蓄積されたメラニン色素がターンオーバーを経て額や頬などに出てくるため、40歳前後で気になり始める方が多いのが特徴。日焼けをするほど増え、はじめは薄い茶色ですが、次第に色は濃くなっていきます。

・光線性花弁状色素斑

短期間で大量の紫外線を浴び、強い日焼けをした時に肩や背中などにできる花びらのような形のシミ。色白の方に出やすいのが特徴です。

 
美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

ほうれい線撃退のツボ

爪のケア,ネイル

疲れてしまった爪のケア法

おから

ダイエットに!美容に!おからパワー

ヨガ

腰痛やヒップアップに〜ヨガ・バッタのポーズ

春のスキンケアポイント

ハーブティーで体の中から美肌・美白対策