春の肌トラブル対処法

春の肌トラブル対処法

気をつけたい、春のスキンケアのポイントは 紫外線と乾燥 です。

「冬の乾燥シーズンも終わったのに、肌ってまだ乾燥の危険があるの?」とお思いでしょうがそんなことはありません。

実は、春の肌トラブルの多くは、『肌の乾燥』が原因 のひとつなのです。

お昼は温かいけど、夜は涼しく感じる・・・。春は気温の差が激しいので、肌の水分と油分のバランスが崩れがち。
また、湿度も低く、春は肌トラブルが起きやすい季節と言われているのです。さらに、春先からだんだんと紫外線の量も多くなってきますので、今からしっかりと紫外線対策・UVケアを始めることをオススメします。

日差しが強くなる夏前にお肌をキチンとガードして、焼けにくいお肌を作っておくのが、春スキンケアのポイント。

春トラブルの原因とスキンケア方法とは?

春は、ホルモンバランスが乱れやすいことから皮脂腺や汗腺の働きが活発になって、ニキビや吹き出物の原因になりやすい時期です。
また、花粉が多く飛んでアレルギーが出やすいことから何かと、ストレスが溜まりやすい季節でもあります。

春のお肌トラブルの一番の原因は「肌の乾燥」です。

寒い冬なら乾燥が原因になるのも分かるけど、暖かくなってるのに、どうして乾燥するのか?
それは、3~5月はまだまだ湿度も低く、お肌は乾燥しやい状態にさらされています。春は、気温が上がり爽やかで心地よいのですが、日中との気温差が大きく、湿度がとっても低い状況になっているのです。

では一体、春のスキンケアに最も適したものとはいったい何なのでしょう。
それは「洗顔」と「保湿ケア」です。

春だけではありませんが、様々な要因によって不安定な肌に大事なのは「保湿ケア」です。

しかし、肌に汚れが溜まっていると、その後の保湿ケアの効果も低下してしまいます。お肌に汚れが溜まりやすい春。お手入れに差をつけるのは保湿ケアの質を左右する洗顔です。

クレンジングや洗顔によって失われた細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)、皮脂は約24時間かけて修復されます。

特に、寝ている間が最も修復が進むと言われています。

朝に洗顔剤や石鹸を使ってしっかり洗顔をしてしまうと、せっかく回復した細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)、皮脂が再度洗い流されてしまい、無防備なお肌で日中を過ごすことになり、より乾燥が進んでしまいます。

肌が乾燥気味で皮脂の分泌が少ない方は、朝は水またはぬるま湯ですすぐ程度にしましょう。そして洗顔時に重要なことは「とにかく優しく!絶対に擦ったりしないこと!」

角質層に物理的なダメージを与える「摩擦」は乾燥肌にとって最大の原因になります。お肌の摩擦が起きやすい洗顔時には、石鹸や洗顔剤はよく泡立て、なるべく指がお肌に触れないように洗うことが大事。

洗い始めはTゾーンから。乾燥しがちな頬や目元は最後に泡を乗せる程度にしましょう。そして、洗顔時間はなるべく短く終わらせるようにします。

次は「保湿」。

長時間の入浴など、お肌が濡れている状態が続くとお肌の天然保湿成分がなくなってしまいます。そして、お肌の天然保湿成分を補おうと化粧水で長時間パックをすると、お肌がふやけて角質層の保湿成分が流出し、逆効果になってしまうことがあります。

基本は冬と変わらない保湿ケアが必要で、化粧水をたっぷり使って水分補給します。冬に比べて紫外線量が増える季節なので、外出する際には必ず紫外線対策を行いましょう。

ストレスもたまりやすくホルモンバランスが乱れやすいため、普段は普通肌用をご使用なさってる方もこの時期だけは低刺激の乾燥肌用化粧品をおすすめします。

春の季節にあったお肌のケアで紫外線量がさらに増加する夏になる前に、紫外線に強い肌をつくっておきたいですね。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

スピルリナはスーパーフード

シミ対策に必要なビタミンC摂取のポイント

美肌

お肌がキレイになるコツ

梅雨時期はスキンケアはサボっても大丈夫!?

日焼けでシミになるのはなぜ?

光老化〜肌のシミ・シワ・たるみの原因