朝にオススメのヨガポース

ヨガ

朝にオススメのヨガポース

朝行うヨガは世界的な人気の女性ファッションモデルも毎日実践している事などでも注目を集めていますが、朝にヨガを行う事で脳と体を活性化させる効果など心身共に良い効果が期待できるため、目覚めが悪い・午前中の集中力がないといった人達に特にオススメされている健康法の一つです。

朝のヨガポーズ「赤ちゃんのポーズ」

まず、朝にお布団の上でも簡単にできるオススメのヨガポーズ「赤ちゃんのポーズ」についてご紹介してみましょう。このヨガポーズ「赤ちゃんのポーズ」は腰の筋肉の緊張状態をほぐして体全体をリラックスさせたり便秘にも良いと言われているポーズです。

仰向けに寝転がった状態で両ひざを両手で抱えて体を軽く丸めるような形を保ち、そこから首を伸ばした状態で息を吐きつつ両ひざを手で胸の方向へ手繰り寄せ、そこで力を抜き深く呼吸を行います。そして、再度息を吐く際に今度は頭を床から離して浮かせた状態にしながら両ひざと顔を近づけて、その状態を保ちながら5回呼吸を繰り返します。

このヨガポーズ「赤ちゃんのポーズ」のポイントはリラックス状態を作るため肩や首周辺に力を軽く抜いてあげる事や、腰や首を痛めない程度に気を付けてポーズをとる事です。

朝のヨガポーズ「ワニのポーズ」

また、同様に布団の上で簡単にできるオススメのヨガポーズが「ワニのポーズ」です。この「ワニのポーズ」は仰向けでツイストする事で腰痛予防やウエスト周りのシェイプアップ効果が期待できるポーズです。

まず仰向けで肩を開き両腕を伸ばした状態で寝転がり、左右どちらかの膝を立てて、膝を立てた側と反対の手で膝を床につけるように横向きに膝を倒しながらウエストをひねります。この姿勢を維持した状態で10回呼吸を繰り返し、その後はゆっくり元の状態に戻して、今度は最初に立てた膝と反対の膝を立てて同じように横向きに倒した姿勢を維持して呼吸を行います。

この「ワニのポーズ」の注意点は首に負担がかかりやすいポーズでもあるので無理のない範囲で行う事が大切です。

朝のヨガポーズ「三角形のポーズ」

さらに、朝起き上がった時にオススメのヨガポーズが「三角形のポーズ」です。

この「三角形のポーズ」はまず両足を開いた状態で真っすぐ立ち、左右どちらかの足を外側に90度に開き、反対の足は45度にしておきます。
その状態で胸を張る事を意識しながら両腕を真横に伸ばし、外側に90度に開いた足に同じ側の手を添えて、息を吐きつつ状態を手を添えた側に横向きにゆっくり倒します。この姿勢を保ちながら5回呼吸を繰り返し反対側も同様に行います。

この「三角形のポーズ」のポイントは状態を横向きに倒していく時に反対側で真横に伸ばした手の指先に目線を送りながら行う事です。

こういったヨガポーズは継続が重要で即効性はあまり期待できませんが、朝の脳と体のリフレッシュに最適なので、慣れてくればその効果が体感できるでしょう。”

関連記事

ヨガ

美容に健康に!ヨガポーズ~ダウンドッグ

休日に心をポジティブにしてみよう!

花粉症

食事で花粉症対策!

春のアトピー対策

病気と体臭

秋にかかりやすい病気・感染症