毎日の育児に~魔法の歌

今回は魔法の歌「わらべうた」についてです。

わらべうた」ってご存知ですか?

「わらべうた」は文字通り、わらべ(童:子ども)がうたう歌。
私たちも「かごめかごめ」、「あんたがったどこさ」など
いろんな「わらべうた」を歌いながら遊んできたと思います。

地域によって様々な「わらべうた」があるのも面白いですね。

育児で見ると、朝から寝かしつけまで「わらべうた」は万能。
まさに、魔法の歌!なのです。

わらべうたは毎日の育児、子どもとのコミュニケーションの潤滑油。
私の小学生の娘も「わらべうた」が大好きで、今でも一緒に歌いながら遊んでいます。

今回は、赤ちゃんのおむつ替えの時に歌うと盛り上がる「わらべうた」 を紹介します。

いちり
にり
さんり
しりしりしりしり!

遊び方は、
お子様をゴロンと寝かして、
いちり(両足の親指をつかむ)
にり(両足足首つかむ)
さんり(両足のひざをつかむ)
しりしりしりしり!(おしりの両側くすぐる)

今日もたくさんお子様と触れ合って欲しいと思います。

*今回の「わらべうた」は下記の本を参考しました。
【子どもとお母さんあそびうたえほん】
小林衛己子編・大島妙子恵
発行:のら書店

出産・育児の気になる情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

子どもの心を育てるチャンスとは

出産はきれいになるチャンス!

私の出産体験記~自力で出産!?

ベッドが分娩台に変形!?~LDR出産

離乳食の進め方

子どもの数学的頭脳を育てる