気圧の変化と心身の関係とは?

朝から曇りだったりすると気分がすぐれなかったり
逆に天気が良いと、今日は何をしようかな?とウキウキしちゃう。

天気によって気分や体調が変わるのは、
ただ雨が降ると出かけたりするのに不便だったり、
洗濯物を外に干せなかったり、
疲れが取れにくかったり、
眠かったり、
むくみがとれない、などという単純なことではないようです。

天気が晴れの場合
気圧配置としては「高気圧」が張り出しています。

一方、天気が悪い時には、「低気圧」がきています。

気圧は脳内にあるバロレセプターという圧受容器を刺激し、
高気圧が脳内を刺激すると自律神経のうち交感神経を刺激するので体全体が活性化します。

その反対に低気圧が脳内を刺激すると副交感神経が刺激され、体はリラックスする方向に向かい、気分はゆったりとし、体の活動はゆっくりになります。

雨の時は、体もなんとなくダルいし、喘息などの疾患がある方には憂鬱でしかないですよね。

でも、たまに
「雨が大好き!」な人がいます。

これは過去の経験などから「雨の日の良い思い出」と体のリラックス状態と重なって雨の日が好きになる。。というわけです。

これらの気圧と体の反応の関係は、古代の祖先が生きながらえて適用するためには重要な働きでした。

気圧が上がり交感神経が働いている晴れの日に狩りをしたり外敵からの攻撃をかわしたりする。

気圧が下がり副交感神経が働いている雨の日は余計な行動で体力を消耗させぬようジッとして生命を保つ。

体にも気分にも雨の日にはゆっくり休むのが一番みたいですね。

祖先がしてきたように
「今日は雨なのでお仕事お休みにします!」
と言ってみたいものです(笑)

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

ドライマウス-乾燥する時期に

夜中の苦しい咳に

ヨガ

ヨガの効果~ストレス解消

睡眠

生活習慣病と睡眠

脚のダルさ・重さを解消!簡単ケア

熱中症の特徴と対策