水を飲んで風邪予防!?

今回は水をしっかり飲むと「風邪をひきにくくなる」というお話です。

口の中が渇くと色々な病気を引き起こします。

風邪やインフルエンザの菌を浸入しないようにしてくれるのが

「線毛細胞」というもの。

線毛細胞はのどから肺に至る気道の内壁を覆っていて、

線毛は1秒に15~17回ほどの高速で動くことにより、ウイルスを痰として口から出したり、食道から胃に入り消化するようにしてくれます。

実はこの線毛ですが、寒さに弱く冬場は線毛の動きが鈍くなります。

冬場は水分補給も少なくなるし、暖房をつけたりすることで空気も乾燥します。乾燥することで唾液もネバネバし、線毛の流れが悪くなるのです。

でも心配しなくても大丈夫。線毛細胞は水分補給で活発化するので、冬場で1日1.5リットルのお水を飲むことによりウイルスを体の中から早く流すことが期待できます。

ということで、冬こそこまめに水分補給をすることで、「風邪をひきにくくする」することができるわけです。

お水をしっかり飲んだら、衣類などで体温を保ち、お部屋の湿度をチェック。

そして、乾燥しているようならマスクで喉の温度・湿度キープ。

タバコを吸っている人は、タバコが線毛運動の妨げになるので控えめにしてください。

そして、室内の空気をキレイにすれば風邪予防は完璧です♪

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

明日葉の青汁ってどうなの?

オリゴ糖

オリゴ糖で生活習慣病予防

秋にかかりやすい病気・感染症

疲労回復に良い食べ物とは

朝のむくみ解消法

頭痛に効く食べ物とは?