生活習慣病と睡眠

睡眠

生活習慣病と睡眠

健康のためには睡眠をしっかりと確保することが大切です。しっかりと睡眠をとることで身体が活性化して、生活習慣病を予防することができるのです。睡眠不足は万病の元と言われるほど身体に悪いので、今すぐに解消をしていきましょう。

また、ストレス解消にとって最も効果的なのが睡眠であり、睡眠不足は他の方法で代用ができません。

生活習慣病を防ぐためには、食生活のバランスを整えて運動をすることが大切ですが、心身をリラックスさせることも同じくらい大切なのです。心と身体はつながっているため、どちらか一方に問題が生じると他方に問題が起こってしまいます。例えばストレスが溜まると疲労の原因になりますし、逆に疲労によってストレスとなるケースもあります。

心の問題を解決するには気持ちを前向きに保つことが大切ですが、これは簡単にできることではありません。性格は簡単に変えることができませんから、後ろ向きな性格を簡単に前向きに変えようとしてもうまくいかないでしょう。

しかし、睡眠リズムを整えることに関しては、その気になれば誰でも行えます。しっかりと眠ることで心身を落ち着ければ、身体の免疫力を高めることができるのです。免疫を高い状態を維持できれば、ほとんどの病気は防ぐことができます。若いころは病気になりにくいですが、その理由は高い免疫力を有しているからです。また、体温と免疫力はほぼ比例し、体温が高いほど生活習慣病のリスクは低くなります。

生活習慣病になりやすい人に多いのは、慢性的な睡眠不足にある場合です。

朝にすっきりと目覚めることができない方は、睡眠リズムが崩れていると考えてよいでしょう。睡眠不足を自覚したらすぐに対策が必要なので、まずは1日8~9時間睡眠を心がけてみましょう。

8時間以上の睡眠は長いと思うかもしれませんが、少し多いくらいのほうが心身を落ち着けることができます。睡眠時間が少ないと焦りが生じてしまい、熟睡できなくなることがあるのです。

例えば、毎日午前の3時に睡眠して、6時に起きるという生活を続けているとします。たった3時間しか眠られないと焦りが生じてしまい、布団に入っても一睡もできずに朝になるようなこともありえます。

生活習慣病を防ぐためには睡眠時間と質を高める必要があるため、早寝早起きを意識しましょう。早く眠るようにするだけでも、自然と睡眠の質は高くなるものです。夜ふかしをする方は睡眠時間が不足するだけでなく、質も低下してしまうので注意してください。

関連記事

恋愛

「恋愛と脳」の関係

知って得する!「乗り物酔いの治し方」

オリーブの実,オリーブオイル

美容と健康にオリーブの実

冷房に頼らず健康的に身体をクールダウン

ヨガ

お腹周りのダイエットに!ヨガポーズ「ダンダアーサナ」

ヨガ

朝の目覚めにヨガ・猫のポーズ