生活習慣病の予防法

生活習慣病の予防法

生活習慣病は、偏食、運動不足、喫煙、ストレスなど日常の生活習慣が深く関わり発症する疾患のことです。具体的な症状としては、脂質異常症、高血圧、糖尿病、肥満などが考えられ、それぞれの症状によって身体に対してダメージを与え、最終的には健康を損ねてより重い病気へと進むリスクが高くなります。

特に血管へのダメージが多く脂質異常症と高血圧を併発することで動脈硬化が進むリスクが高くなり、それによって血栓が発生して心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。また糖尿病は末端の細胞への栄養供給が上手くいかなくなり壊死するケースもあります。

生活習慣病の予防法としては、生活習慣の見直しですが、もっとも身体に影響を与えるのが食事であるため、食事の見直しが第一です。食事の見直しとしては動物性脂肪を抑えることやコレステロールの高い食品や糖分やアルコールをとりすぎないような食生活への転換です。またスナック菓子なども大量に摂取すると脂肪分や塩分を多く取りすぎるため控えることが大切です。反対に食物繊維を多くとることで、腸内環境を改善することができるため有害物質を排出することができます。

いずれにしても脂質異常症では摂取する脂肪に原因があり、高血圧の場合には塩分の摂り過ぎが原因になるため、これらを意識的にコントロールすることで生活習慣病の予防に繋げることができます。

またこれらを守るために1日3食、規則正しい食事をすることもポイントです。食事の回数を減らしたり食事の間隔があくことで身体はエネルギーを溜め込もうとするためです。このため、規則正しい食生活が生活習慣病予防に繋がります。

また意識的に身体を動かすことで脂肪や塩分が消費されるため改善に効果があります。喫煙やアルコールも程度を超えると身体に対して過度の負担を与えるため、これらを減らす、またはやめることで身体への負担を軽減することができ、生活習慣病の予防に繋げることができます。

関連記事

ヨガ

腰痛やヒップアップに〜ヨガ・バッタのポーズ

アロマオイルで楽しく大掃除♪

疲れた胃腸を整える食材を摂ろう

AGE(終末糖化産物)とは?

寒暖差アレルギーをツボで改善

ダイエット,運動

生活習慣病の予防法