症状別胃腸薬の選び方

現代社会では、ストレスや食生活などで胃腸に負担が掛かることが多く、胃腸薬のお世話になる人もいらっしゃると思います。

そこで今回は、症状別に、配合成分からみて即効性の高い市販の胃腸薬を区分してみましたので、参考までにご覧いただければと思います。

●胃腸が痛む時

鎮痛沈痙剤(臭化メチルアトロピン、ロートエキス、塩酸パパベリンなど)が配合されたものが有効と言われています。

該当する市販薬としては「サクロンQ」「ブスコパンM」「新イノンU」などがあります。
これらの市販薬を飲んでも痛みが治まらない時は、胆石や腸閉塞など何らかの危険疾患の疑いもあるので、すぐに医者にかかりましょう。

●胃がもたれる時

胃がもたれる時は、食べ過ぎなどで胃に負担がかかり、胃の働き自体が低下している状態です。消化(栄養吸収)促進の作用がある、消化剤(プロザイム、リパーゼ、ビオジアスターゼ、タカジアスターゼなどの消化酵素)が有効と言われています。

該当する市販薬としては「新中外胃腸薬」「キャベジンS」「ビオミックス顆粒」「新タカジア錠」などがあります。

●食後に胸やけやゲップがひどい時

食後に胸やけやゲップがひどい時は、食べ過ぎ・飲みすぎで胃酸過多の状態です。胃酸分泌抑制剤(H2ブロッカーなど)が有効と言われています。

該当する市販薬としては「ガスター10」「ザッツブロック」「大正エスブロック」などがあります。

●飲み過ぎ、二日酔い気味で胃がムカムカする時

胃がムカムカする時は、酸を中和する制酸剤(炭酸マグネシュウム、炭酸水素ナトリュウム など)と、香りや味が食欲増進と胃腸の働きを整える健胃剤(チンピ、ケイヒ、ゲンチアナ など)が配合されている物が有効と言われています。

該当する市販薬としては「パンシロン」「大田胃散」などがあります。

●食べたものが胃に残っている感じがして食欲も無い時

食べたものが胃に残っている感じがして食欲が無い場合は、消化剤と健胃剤の配合されている物が有効とされています。

該当する市販薬としては「新フジサワ胃腸薬クール」「新タナベ胃腸薬錠」などがあります。

●下痢ぎみや便が柔らかい時

下痢ぎみや便が柔らかい時は、ビフィズス菌が主体のものや下痢止め成分や腸の栄養剤を配合された物が有効です。

該当する市販薬としては「新ビオフェルミンS錠」「正露丸」「ワカ末錠」などがあります。

●便秘が続いておなかが張る感じがする時

便秘が続いておなかが張る感じがする時は、腸のぜん動運動促進成分(アロエ、ビサコジル、ダイオウ など)が入った物が有効と言われています。

該当する市販薬としては「コーラック」「ソフィット」「新サラリン」などがあります。

このように胃腸薬にも色々あり、効能も様々です。自分の症状に合った胃腸薬を選ぶようにしましょう。

それと、痛みや不快感が長引く場合は病院に行くこともお忘れなく。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

痛みを緩和 頭痛にアロマオイル

ヨガ

お腹周りのダイエットに!ヨガポーズ「ダンダアーサナ」

ファスティングの健康効果

ハーブティー

美容に健康に!春のおすすめハーブティー

重曹で白い歯輝く歯

ウォーキング

ウォーキングで健康増進するポイント