眠れぬ夜に効果的!安眠方法

皆さん、なかなか寝付けない夜、ありませんか?
今回は、そんな眠れぬ夜に効果的な安眠方法についてです。

単なるストレスや気にしすぎなど眠りにつけない理由は様々ですが
睡眠は脳を休ませる為に必要不可欠なもの。
睡眠は記憶を固定させたり、筋肉をリラックスさせる効果があります。

現代の日本では多くの人が眠りに対して悩みを持っており『5人に1人が睡眠に何らかの悩みを抱えている』と言われているそうです。

「夜ぐっすり眠り、翌朝気持ちよく目覚める」
そんな睡眠をとるためにはどうしたら良いのでしょうか?

安眠方法は大きく分けると
・運動
・食べ物
・リラックス法
の3つあります。

まずは 運動
寝る2時間前ぐらいに軽い有酸素運動をすると効果的だと言われています。
ウォーキングなどが良いでしょう。

体温が高い時間帯(19時から20時にかけてピークをむかえるそう)
に一時的に体温を上げることにより、その後約2時間後に体温が急に下がるので快適に眠れるというわけです。

40度以下の半身浴、入浴、足湯でも同様に効果的ですよ。

次は 食べ物
ビタミンB群やカルシウム、トリプトファンを摂ります。トリプトファンはアミノ酸の1つで睡眠ホルモンのメラトニンに変化するため快眠に繋がります。
肉類(特に牛レバー」・魚類(特に筋子)・穀物(特にパスタ)・乳製品(特にナチュラルチーズ)・豆類(特にゴマ)
これらをバランス良く摂る事が大切。

そして リラックス法
お布団に入ったらまず
「力を抜く」

人間の体は力が入ると交感神経が働きます。
寝よう寝ようと考えるのではなく、まず力を抜き、副交感神経を優位にさせるのです。
枕元にアロマをコットン数滴垂らして置いてみるのも良いでしょう。

オススメのアロマは
オレンジスウィート

緊張感をときほぐす作用があり、この時期に多い風邪の予防もしてくれるオイルです。

安眠して脳を休ませることによって物事は良い方法へ進んでいくはず。
質の良い睡眠をとれるよう実践してみてください♪

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

ハーブオイル

乾燥ハーブで自家製ハーブオイルを作ろう!

頑固な便秘の解消法!

湯たんぽのススメ

噛めば噛むほど効果的!?「咀嚼のススメ」

雑穀米

雑穀米で生活習慣病予防

足を組む癖を治そう!