秋にかかりやすい病気・感染症

秋にかかりやすい病気・感染症

今回は、秋にかかりやすい病気・感染症について書いてみましょう。

秋は暑くなったり寒くなったりと気温の変化に体がついていかなかったり、乾燥しがちで何かと体調を崩しやすい時期です。

又、秋は風邪になりやすい要素のそろっている時期でもあります。一番の原因は気候の変化。夏から秋への気候の変化も大きいのですが秋は朝、昼、夜と温度の変化が大きくそれに体がついていけなくて風邪をひくという事もあります。又、秋の乾燥した気候も風邪をひく要因です。秋の低い温度や湿度はウィルスが増殖しやすくウィルスが活発になる時期でもあります。そのため感染症への感染は多く、秋に流行する感染症としてインフルエンザ、ノロウィルスがあります。

インフルエンザは毎年秋、冬になるとニュースでも話題になるなど有名な感染症ですね。インフルエンザは冬のイメージが大きいかもしれませんが秋から感染が始まるので早目の対処が必要です。対処としては風邪予防と同じくうがい、手洗い、食事などでも防ぐ事は出来ますが一番効果があるのは予防接種でしょう。

しかし、予防接種をしているからといってインフルエンザにかからないという訳ではありません。

インフルエンザのウィルスは毎年変化していっています。そのため今年の流行のインフルエンザの型にぴったり合うワクチンをつくる事は難しいです。しかし、もしインフルエンザになってしまったとしても予防接種をしている場合、しない場合と比べると軽いという例もありますので予防接種は欠かせません。他にはインフルエンザは人が多いところで感染しやすいので電車などの人込みではマスクをするというのも手です。

ノロウィルスは食中毒の1種で秋から冬にかけて感染しやすくなる感染症です。ノロウィルスは低い気温や低い湿度を好む傾向があるので寒いこの時期は感染しやすくなるのです。
ノロウィルスの予防方法で大切なのは食事の前にはうがい、手洗いをする事です。これは風邪予防にもなります。ウィルスを体外から出す事が大切なのですね。

食中毒は生の食材を食べると感染しやすいので生の食材を食べないというのも大きな予防です。ウィルスは熱に弱いので生の食材を食べる場合は加熱をすれば大丈夫です。

下痢や嘔吐、発熱が酷くノロウィルスが疑われるのであれば水分補給が大切です。下痢や嘔吐により体内の水分が出てしまい脱水症状になってしまうかもしれないので水分補給は大切なのです。ノロウィルスは成人の場合は自然治癒する事が多いので病院には行く必要がないとされています。しかし、症状が長引く事があれば病院への受診をお勧めします。

秋に気をつける病気の予防として共通しているのがうがい、手洗いです。うがい、手洗いを徹底して行いウィルスを寄せ付けな体になりましょう。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

肩こりの原因と“心因性肩こり”

山芋を食べて疲労回復・免疫力アップ!

寒い日の朝、おススメ♪ストレッチ

症状別胃腸薬の選び方

十分な水分補給してますか?

気温差に負けない身体づくり