秋野菜で作る体を温める簡単レシピ

暑かった夏が終わり、寒い冬になるまでの秋のシーズンは、食べものが美味しい時期です。
暑さや寒さを感じない、ほどよい気温の季節には、多くの人達は体調が良くなり、食欲も増してきます。

こういった時期には、秋野菜で作る簡単レシピなどで、自宅で食事をすることが増えると、体を温める効果もあり、冬に向かって風邪などをひかないようになります。

秋野菜で思い浮かぶものは、さつまいもです。この時期のさつまいもは、旬の野菜として市場に多く出回るようになり、味も良いものが多くなります。さつまいもは食物繊維が多いため、腸内環境を整える意味でもこの時期には食べておきたい野菜です。

さつまいもを使った簡単レシピとして、さつまいもとりんごの重ね蒸しがあります。さつまいもと同様、りんごも秋には美味しい、色々な種類が出回ります。旬のさつまいもと旬のりんごを適当な大きさに切り、なべに交互に重ねていきます。少しのバターと、塩、さとうを入れ、水を少し入れて煮ます。さつまいもとりんごに火が通り、水分がなくなったら出来上がりです。

調理中、さつまいもとりんごのよい香りが部屋に充満して、食欲をそそります。出来上がったら、器にうつし、ややさましてから、シナモンパウダーをふりかけます。シナモンの香りはさつまいもやりんごとよく合うため、より一層美味しくなります。秋野菜で作る簡単レシピですので、おすすめできます。
さらに、秋といえば、きのこのシーズンです。様々なきのこを見かけるようになります。きのこはそれだけで食べても味がありますし、どんな魚や肉と合わせても、相性の良い野菜です。きのこも食物繊維が多く、カロリーが少ないため、ダイエットを志す人達にもおすすめの秋野菜です。

秋の魚としては鮭があげられます。この時期には生のものも出回り、美味しくなります。鮭ときのこをホイルに包み、フライパンで焼くと美味しい魚料理が出来上がります。きのこは、しいたけ、舞茸、しめじ、えのきだけ、エリンギ等、その日安く手に入ったもので充分です。どんなきのこでも、美味しく出来上がります。

生の鮭には、塩とコショーを少しふりかけます。また酒を少しふりかけてからホイルに包んで焼くと、よい味になります。出来上がったら、レモンやゆず等の柑橘類を絞ってかけると、なお一層美味しくなります。また、ポン酢を少し垂らしても、風味がよくなります。秋野菜で作る簡単レシピを覚えておくと、体を温める効果もあるため、元気に過ごせるようになります。

あなたも秋の旬の食材で作る料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。
あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

十分な水分補給してますか?

疲れた胃腸を整える食材を摂ろう

ヨガ

美容に健康に!ヨガポーズ~ダウンドッグ

やる気が出ない時はどうする?

夏バテに効くツボ

ノロウイルス対策してますか?