美容に健康に!ヨガポーズ~ダウンドッグ

ヨガ

ヨガのポーズとしてはおなじみの下向きの犬のポーズ「ダウンドッグ・アドムカシュヴァナアーサナ」

「アド・ムカ」は下向きの、「シュヴァン」は犬。
つまり「下向きの犬(ダウンドッグ)のポーズ」。

ヨガの基本中の基本のポーズとしてもおなじみですが、その名の通り、しなやかな犬のシルエット・まどろみから目覚めたばかりの犬のようなイメージです。

目覚めた犬は四肢を伸ばしながら前足を前に、お尻は宙に突き出して背中全体をストレッチします。

下を向く犬のポーズは手のひらと、足の裏をマットにぴったりとつけて腰を高く持ち上げる簡単な目覚めのポーズです。
朝が苦手な人もこのポーズですっきりと目覚めることができます。

全身で三角形を作り腕と足のストレッチをするのと同時に、心臓を頭より高い位置でポーズをすることで血液循環がとても良くなるので、末端冷え性や内蔵冷え性でお悩みの方には嬉しいポーズでもあります。

また、

  • 脳を休める効果もあり、ストレスおよび軽いうつの軽減・体の活性化
  • 肩、ハムストリングス、ふくらはぎ、土踏まず、手のストレッチ
  • 腕と脚の強化
  • 更年期障害の症状緩和
  • 月経時の不快症状緩和(頭を支えて行った場合)
  • 消化機能の改善・頭痛、不眠症、背中の痛み、疲労の緩和
  • 高血圧、ぜんそく、扁平足、坐骨神経痛、副鼻腔炎の治癒

など様々な体の不調に働きかけてくれます。

ではポーズの取り方の説明です。

まず、四つんばいになり、手と脚を肩幅に開きます。

次に、息を吐きながら脚を伸ばして腰を上げます。足だけ後ろにステップバックして、おしりを頂点に体で三角形をつくります。

呼吸に気をつけながら 10秒キープ。

息を吐きながらひざをついて、ゆっくりと元に戻ります。

美容に健康に!ヨガポーズ~ダウンドッグ

これを 3セットほど繰り返してみましょう。呼吸を忘れないように気を付け、ゆっくりとポーズをとります。
ポーズが苦しい場合・伸ばすのが痛ければ足を曲げても、足踏みをしても平気です。

できるところからやっていきましょう。

この姿勢が辛い方はひざを軽く曲げる事で楽になります。

骨盤矯正、背中美人、ヒップアップ、おしりの下の脂肪を取る、足痩せなどダイエット効果もあり、顔のたるみ、血色が良くなる、化粧乗りが良くなる、ほうれい線、顔のしわ、くすみなどの美容効果もあるこの「ダウンドッグ」ポーズはお尻を高く上げることで体と心のバランスを保ち、フェイスリフトにも効果があります。

ポーズ中は辛くてもなるべく笑顔で顔はしかめないで。ホルモンの分泌させましょう。

ダウンドッグは体の背面を一気にストレッチできるので、1日の疲れをとるためにも寝る前にすると効果的です。

朝のストレッチの場合は、1日の始めにやると体が硬いので、何回か繰り返す事で少しずつ柔らかくなってきます。

日中は血流が周りにくい頭部へと血が巡り、ストレスの解消にも役立ちリラックス効果満点です!

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

寒暖差アレルギーをツボで改善

足指ほぐしの驚きの効果

乾皮症・皮脂欠乏性湿疹の予防と対策

色々活用!健康にいい!「みかんの皮」

ジョギング

ジョギング初心者の基礎知識

ダイエット

美スタイルに!足の裏の筋肉強化で体幹を鍛える