肩こりと姿勢の関係

肩こり

肩こりと姿勢の関係

肩こりを招く姿勢とは?

肩や首筋のこりに悩まされている人は、無意識のうちにあごが突き出て、背中が丸くなり「猫背」の傾向があります。この猫背がよくありません。

人間の頭部の重さは、体重比で約10%あり、体重50kgの人の場合、約5kgの重さがあります。この頭がのっているのが首の頸椎(ケイツイ)で、頭の重心は頸椎より少し前方にあるため、何もしなければ頭は前方に傾いてしまいます。頭が前に傾かないのは、後頭部から背中上部にかけてある大きな筋肉の僧帽筋(ソウボウキン)や頸部の筋肉などが頭を後方に引っ張ってくれているためです。

僧帽筋を始めとした首や背中の筋肉は負荷がかかっているのに、猫背になることで頭の重心がさらに前方にいってしまうと、さらなる負荷がかかってしまいます。筋肉への負担=常に力が入っている状態となり、首や肩こりの要因となります。

肩こりを防ぐための正しい姿勢とは?

姿勢の悪さからくる肩こりは、正しい姿勢を身につけることで防ぐことが可能です。気づいたら猫背になっている、という方は、まず正しい姿勢とはどのようなものかを改めて確認しましょう。

立ち姿勢では、あごを引き・肩の力を抜き、左右の肩が同じ高さになるように、肩甲骨をやや後ろに寄せ(胸を開き)、下腹部に軽く力を入れ、お腹を引っ込めます。横から見たとき、耳の穴、肩の中央、くるぶしが一直線で結ばれるようにします。この姿勢を保ったまま、壁を背にして立ってみましょう。後頭部、肩甲骨、お尻が壁に触れれば正しい姿勢がとれています。

肩こりを防ぐ歩き方

歩くときの姿勢も、肩こりに影響があります。

立っているときと同じように背筋を伸ばしてあごを引き、腹筋に力を入れ、骨盤を立てて歩きます。目線は落とさず、しっかり前方に向けます。(下に向けると猫背になってしまうためです)

お尻の筋肉で前に進んでいく様なイメージで歩行します。踵(かかと)から着地し、つま先で蹴り出します。腕は肩甲骨(肩)からしっかり振ります。

姿勢を正すことは、肩こりの予防だけでなく、見た目にも美しい印象を与えます。ぜひ意識してみて下さい。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

「腹八分目の食事」で心身共に健康に

やる気が出ない時はどうする?

えごま油で便秘解消

ドライマウス-乾燥する時期に

噛めば噛むほど効果的!?「咀嚼のススメ」

紫外線を浴びると健康にいい?!