花粉症-スギ花粉の時期に

花粉症の最大の要因はアレルギー体質の遺伝だといいますが、
これからアレルギー体質になるであろう症候群には以下の項目に当てはまるという方が多いそうです!

・ストレスを感じやすい
・ストレス耐性の弱い
・冷え性
・便秘になりやすい
・肉中心の食事メニューが多い
・インスタント食品や加工食品を多く食べる

花粉症と免疫力の低下には密接な関係性があります。

2月と言えば年末から年始にかけて体調が崩しやすい時期なので、弱ったままの体調を放置していると突然花粉症に!なんてこともあるもいうことですね。

さて、春の花粉症の代表といえば「スギ花粉」

このスギ花粉で気を付けたいのが顔の皮膚に付着し腫れぼったくなる、紅色の湿疹が出るなどの症状が現れる

「スギ花粉皮膚炎」

はご存知ですか?

肌がいつも乾燥してる人や洗顔後にいろいろ付けていないと肌が突っ張って困る人・洗顔時間が長い人・お湯の温度が暑すぎる人・拭き取りクレンジングを毎日使ってる人など

お肌のバリアが低下している人に多く出る症状だそうです。

一回痒いてしまうと、傷になる恐れもある上、広がってしまいます。

ちょっとでも痒みを感じたら、帰宅後すぐに洗顔をして花粉やほこりを落とすこと。洗顔後しっかりと保湿してあげることが大切です。

そして、この時期に一緒に気を付けたいのが「鼻をかむティッシュ」

何度も鼻をかむと鼻や鼻の周りの皮膚のバリアが剥がれてしまい皮膚炎の引き金になってしまいます。

鼻の花粉症の方はこの時期だけでもローションティッシュを使うようにしましょう。
肌への刺激を減らせます。

目がショボショボ、痒みがある方。

目の周りの皮膚は大変薄くかぶれやすいので、目薬をさす時はハンカチを持って
目から薬がこぼれそうになったら拭き取って目薬が肌につかないようにしましょう。
目の周りをこすりすぎにも注意です。

お肌が敏感な方はマスクで肌がかぶれる人も多いはず。これは自分の肌と相性の良いマスクを探すことで改善されます。

また花粉の付きにくい服を選ぶことも大切です。

ジャンバーやコートなどアウターは花粉の付きにくい素材にすると家の中に花粉を持ち込まないですみます。

髪が長い人は髪に花粉が沢山付かないように髪を結わえるようにするとよいでしょう。

さあ、本格的な花粉症シーズンの到来です。

皆さんも万全な対策を心がけてください。

美容・健康・ダイエットの気になる最新情報ならキレイーナ。あなたの知りたい情報がここにあります♪

関連記事

「水毒」って何?身体の水分をコントロールしよう

夏バテの原因と解消法

梅雨の日の楽しみを発見!

湯たんぽのススメ

美肌

スーパーフード!スピルリナとキャロブ

冬にかかりやすい病気・感染症